福翁自伝
福翁自伝

福翁自伝を読みました。

明治30年に福沢諭吉が口述筆記させたものを自分で加筆構成して、自伝にしたものです。

この本があることは知っていましたが、読むのは初めて。こんなに面白い本ならば、もっと早く読めば良かったと思いました。
幕末、維新に生きた人が自ら語る話ですから、面白くないはずはないのですが、その語り口がまた、自由自在で読む人を飽きさせることがありません。

福沢諭吉と言う人は、大変な人物ですが、気取ったところがなく、ちょっとオッチョコチョイなところもあって、親しみを感じさせます。大村益次郎などは、同じ緒方洪庵の門下生ですが、福沢のことを軽薄な男だと言って、嫌っていたらしいけれど、大村益次郎の性格からすると、それも解る気がします。
大変な話し好きで、話を盛り上げる為には、多少のウソも平気でつくと言うタイプ、と言えば、僕の周りにもいそうですが、決して憎めない、ついつい話しに聞きほれてしまうと言う人ですね。
ただ、ここに書かれていることは、1割2割差し引いて聞いたとしても、大変なものです。

幼少の時に、中津藩で下級藩士の家に生まれて、苦労した話から、長崎を経て大阪で、緒方洪庵の塾でオランダ語を学び、江戸へ。
横浜では、外国人相手にオランダ語が通じないことにショックを受けて、奮起一発、英語を学び始める。当時、英語を学べるところはほとんどなかったので、独学で英語を物にして、幕府の翻訳方になり、咸臨丸での渡米、欧州視察などを経験しているうちに、幕府は崩壊、そして明治を迎えるという、大変な激動の時代を持ち前の才覚と、大変な努力で乗り切って行きます。

自宅を小さな塾として、生徒に英語を教えていたのが、明治になり、少しずつ規模が大きくなり、現在の慶応義塾になるわけです。

まあ、時代が時代と言うこともあるけれど、ノンフィクションでありながら、フィクション顔負けに読ませる本です。
Posted by kozyken
category:
comment(0)    trackback(0)

永福町の家-階段
今日は午後から永福町の現場へ行きました。

外壁シーラー塗り

現場では、ペンキやさんが外壁の吹き付けの下地となる、シーラーを塗っているところでした。
これで明日には吹付けを行って、樋の取り付け、外部の設備配管などを施工して、今週末には足場をはずす予定です。

階段

内部では、先週までなかった階段が取り付けられていました。
この家は、床をナラのフローリングとしているので、階段もそれに合わせてナラの集成材で作っています。階段の加工は、大工さんではなく、プレカット工場で図面にあわせて加工しているということ。
現場の手間をなるべく減らす為に、だんだん木材の加工も分業化されてきているのですね。

今までずうっと大工さんは1人でやっていたのだけれど、今日は手伝いの大工さんが1人加わって二人でやっていました。これから壁、天井の石膏ボードを貼るので、二人で一気に進めようと言うことでしょう。
来週には、内部もだいぶ形がついて来そうです。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

雑誌取材-上尾の家
キッチン、ダイニング

去年の6月に竣工した、「上尾の家」が雑誌に取り上げられることになり、今日、取材と撮影に立ち会う為に、久しぶりに訪問しました。

この家は、平屋で60坪を超える大きな家ですが、娘さん家族との二世帯住宅にする為に、その半分を増改築したものです。

雑誌は、リフォームの専門誌ですが、今回は自然素材の特集と言うことです。
この家は、床をナラの無垢フローリング、壁をスイス漆喰、天井を桐の板張りとしているので、この特集にぴったりと言うわけです。

撮影が終った後で、ライターの人から施主のSさん夫妻に、住んでみての感想などのインタヴューがありました。
子供世帯の方が昔のままなので比較がしやすいのですが、梅雨時には、子供世帯のほうはかなりじめじめしているのに対して、リフォームした親世帯は、空気がさらっとしていると言うことで、漆喰や、桐の天井に調湿作用があることが実感できたという話や、床のフローリングが自然塗料を塗っているので、歩いた時の感触が良いなど、参考になる話を伺いました。

又、リフォームに際して、断熱工事も念入りに行ったので、子供世帯と親世帯では室温がはっきり違うと言うような話もありました。南側の窓が大きいせいもあり、お天気が良い日は朝9時ごろで暖房を切って、後は暖房無しで十分暖かいと言うことです。
確かに、今日もお天気が良かったので、部屋の中は暖房無しで、十分暖かでした。
Posted by kozyken
category:建築
comment(0)    trackback(0)

リフォームの現場-柱
昨日は、事務所の近くで工事中のリフォームの現場へ行きました。

2月いっぱいの工期なので、現場は急ピッチで進んでいます。
2階の賃貸になる部分のLDKもほぼ大工さんの工事が終っていました。

既存柱

これから内装工事に入るところで、前からずーっと気になっていることがあります。
部屋の真ん中に既存の柱があり、構造的に抜くのが難しいので、そのまま残すことにしているのですが、これの仕上げをどうするかで悩んでいます。
元々は、この柱の廻りに合板を一枚貼って、ペンキで壁と同じ様に白く塗るつもりだったのですが、なんとなくのっぺりした感じになりそうな気がします。
逆に、このままで少し濃い色の塗装をかけたらどうか、などと考えています。

丁度、現場に塗装さんが打ち合わせに来てくれていたので、相談すると、釘の後などをうまく埋めて、ステイン塗装をすることができるということなので、とりあえず試しに塗ってもらうことにしました。
だめならば、その上に合板を貼って、白く塗りなおすことも出来る。
その時は塗装屋さんには、二度手間をかけることになって申し訳ないのですが。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

永福町の家
今日は午後から永福町の現場に行って来ました。

フローリング

現場では、大工さんが床のフローリングを貼っていました。
巾が75mmのものを一枚一枚張ってゆくので、結構大変そうです。
使っているフローリングは、ナラの無垢材にリボス社の自然塗料を塗装したもの。床暖房の配管に直角方向に張るのは、釘を打つ位置と配管が重ならないようにする為。配管に穴を開けたら大変です。

タッカー
写真は、フローリングを留めてゆく為の釘、二股になっていてホッチキスの針のような格好をしている。これを機械でコンプレッサーの空気圧で打ち込んでゆく。先端が赤くなっているのは、接着剤が付いていて、打ち込んだ時の摩擦熱で接着剤が溶けて、釘がしっかり抜けないようになると言うことです。

床下換気ガラリ

フローリングを張った床には、床下換気用のガラリも取り付けられています。これは前にも書きましたが、24時間換気と床下の換気を兼用で行うためのもの。

今日は、鉄骨のバルコニーを加工する鍛冶屋さんも来ていて、用意した施工図を広げて打ち合わせ。
鉄骨には亜鉛メッキを施すので、後からの手直しがないように、細かい打ち合わせをしました。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

エアコンの省エネ
最近、設計中にエアコンの機種を選ぶときに、とても迷ってしまいます。

どのメーカーも、グレードごとに5種類か6種類のシリーズを出していますが、一番安いグレードと高位グレードの間には倍近い価格の差があります。
問題は、下のレベルと上のレベルで、省エネ効率がかなり違うことです。
たとえば、年間を通じたエネルギー効率の平均値をAPFという数字で表していますが、手元にあるカタログで見るとその差はおおよそ3割ほどになります。
なるべく効率の良い器具を使えば、ランニングコストも抑えられて、地球環境にも良いのは解かっているのですが、一方でなるべく工事費をなるべく低く抑えたいと言うジレンマに陥ってしまうわけです。

僕が気に入らないのは、高位機種が高いのは省エネ効率が高いことが主な問題ではなく、さまざまな便利な機能、いわゆる付加価値をつけて、高く売ろうとしているのではないかと思うからです。
もちろん、省エネ効率を良くすることによって、コストアップする部分もあるのでしょうが、いまや省エネと言うのは地球環境にとって至上課題なのですから、全てのグレードに対して、現時点で可能な最大限の省エネ対策をしてほしい。それによって下位グレードも多少値段が高くなるのは、しょうがないことだと思います。

世の中には、僕も含めて、エアコンには冷暖房の機能だけしっかりしていれば他の付加価値的な機能はいらない、しかしエネルギー効率だけは最善のものを選びたいというユーザーは数多くいるはずです。

どのメーカーも同じような商品構成になっていると言うことは、営業戦略上の利益を優先するとこうなるのだと推測できますが、省エネ製品の普及が非常に偏ったものになってしまう。
それであれば、このようなことに対して、国が補助を付けたり、税金を安くするなどの政策も重要なのではないかと思います。
Posted by kozyken
category:建築
comment(0)    trackback(0)

普請道楽
普請道楽という言葉は今では死語になっているのかもしれません。

ここでも何回か書いた、中野の友人宅の解体に係わって、去年の秋から幾度かその家を訪ねているときに、ふと浮かんできたのが、「普請道楽」と言う言葉です。

茶の間
僕自身は普段、椅子に座ってテーブルで食事をして、ソファーで本を読んだり、テレビを見たりと言う生活をしています。どちらかというと、畳に座って過ごすのは苦手な方かもしれません。
久しぶりにその家の茶の間で、彼のご両親のお話を伺いながら、その畳の部屋の向こうに雪見障子のガラスを通して、初秋の光に照らされた庭を見るともなく見ていると、なんともゆったりとした良い気持ちになってきて、こんな部屋に住んでみたいと思ったものでした。
その原因は何なのか。何度か通う内に解かってきたことは、建築の細部が実に丁寧に作られていると言うことです。

ディテール
家自身は、特別変わった家でもなければ、建築家がかかわっているわけではないのですが、隅々まで行き届いたディテールの積み重ねが、空間に凛とした空気を漂わせています。かといって、決して堅苦しい空間ではなく、数奇屋風のくだけたやわらかさも持ち合わせています。

この家を作った大工、左官、経師や等の職人の腕も良かったのだと思いますが、何よりもこの家を注文した施主に、ものを見る豊かな目と、建築を含む日本文化に対する充分な教養があったのではないかと、想像されます。

倉入口
この家は、昭和の始め頃に、友人の祖父に当たる人が建てたそうですが、その頃はまだ、建築に対しても玄人はだしの目利きの建て主がいて、もちろん財政的な余裕もあったのでしょうが、職人たちに指図をして、自分の気に入るように家を作り上げてゆくことが可能だったのだと思います。

住宅は他の建築と違って、私的な部分が大きな割合を占めます。
そういう意味では、設計者、施工者以上にクライアントの考え方が強く反映されるものだと言えるのではないでしょうか。

Posted by kozyken
category:建築
comment(0)    trackback(0)

永福町の家-モルタル塗り
今日は午後から永福町の現場へ行きました。

外壁モルタル

現場は先週の土曜日に来たときに、外壁のモルタルが下塗りまで出来ていたのだけれど、今日は丁度上塗りの仕上げに入っているところでした。
すでに半分ぐらいが仕上がっていて、玄関廻りもきれいになっています。
だいぶ建物らしい感じになってきました。今月末には、この上に仕上げ材が吹き付けられて、足場をはずす予定。
足場が外れて、外観が見渡せるようになるのが楽しみです。

既調合モルタル

写真はモルタルを練る機械。モルタルとはセメントと砂と水を混ぜて練ったものだけれど、最近は、現場で調合せずに、すでに調合された軽量モルタルを水だけ入れて練っている。このほうが製品として安定していて、ひび割れなどもしにくくなっている。

気密シート

内部では、大工さんが少しずつ工事を進めていて、2階の居間の、斜め天井の下地の野縁を取り付けているところ。
野縁の上に見える黄色いシートは、気密シート。ここでは断熱材の上で通気を取っているので、断熱材の下に気密シートを張って、室内の気密性を上げるようにしています。

今日は家具屋さんの木戸君にも来てもらって、キッチンの家具などの打ち合わせをしました。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

日本語を書く部屋
日本語を書く部屋

リービ英雄の「日本語を書く部屋」を読みました。

リービ英雄は、ご存知の方も多いかもしれませんが、アメリカ人でありながら、日本に住んで、日本語で小説を書いている人です。

この本は、彼の日本語を巡るエッセイと評論なのですが、僕がこの本を読んだ率直な感想は「驚いた」ということ。
それは、アメリカ人なのに日本語に詳しいとか、日本の文化に詳しいと言うことではなく、外国人だからこそ、日本語又は日本の文化に対して正確な判断が出来るということがありうるということです。
さらに彼は、日本と言う島国と、アメリカと言う大陸を往復するだけでなく、ある時期から中国と言う大陸へ度々越境することによって、二つの大陸についての体験を、日本にいて、日本語で考えて、表現すると言う非常に興味深い試みを行っています。

「考える」と言う人間にとって抽象的な行為は、言語と言う具体的なものによって規定されます。英語で考えることと、日本語で考えること、中国語で考えることは同じことを考えても、当然変わってくるし、表現の仕方も変わるわけです。
僕のように日本語でしか考えられない人間には理解しにくいことですが、母語である英語と同じレベルで日本語を使い、日本語での表現にこだわるリービ英雄という人は、われわれ以上に日本の文化に入り込んでいるともいえます。

彼は、40になるまで、スタンフォード大学に在籍して、朝には「日本書紀」午後には「大江健三郎」を講義していたと言うことです。
なぜか、彼の文章を読んでいると大江健三郎の文章を思い起こされるのですが、それよりももっと古い、古代の日本文学の影響が強いのかもしれません。
比較的長いセンテンスと、ひとつの言葉にいくつもの形容するセンテンスが繋がってゆくような文章の書き方、そのリズムには和歌の影響があるようにも思えます。

次には、彼の小説も読んでみたいと思いました。
Posted by kozyken
category:
comment(0)    trackback(0)

土曜の午後
昨日は午後から永福町の現場へ、お施主さんと外壁の色を相談する為に行きました。

打ち合わせは比較的短時間に終わったので、事務所に戻ろうかとも思ったのですが、土曜の午後なので、これから又仕事と言うのもちょっと億劫だし、家に帰るには少し時間が早い、と言うことで新宿によって町をぶらぶらすることにしました。

いつもだと、紀伊国屋かジュンク堂によって、本を物色と言うところですが、読む本は何冊かそろえておいたので、目的もなく只ぶらぶら。

どこかでコーヒーでも飲みながら、読みかけの本を読もうと思って、久しぶりにDUGへ寄って見ました。

DUG

ジャズ喫茶に入るのは久しぶり。
地下への階段を下りてゆくと、レンガのインテリアに、少し照明を落として、客がめいめいコーヒーを飲みながらジャズを聴いているという懐かしい風景が昔と変わらない。
壁に掛かっている、コルトレーンやレイ・ブラウンの写真を眺めながら、ミルト・ジャクソンのリリカルなバイブの音や、カーメン・マックレイの張りのある歌声を聴いているとなぜかほっとします。

ただ、誤算だったのは本を読もうとしても、照明が暗くて、目が疲れてきて、長く読んでいられないこと。
本を読むのはあきらめて、音楽を聴いていました。
Posted by kozyken
category:日記
comment(0)    trackback(0)

朝焼けの空
朝焼け


僕は毎朝、大体6時半ごろに起床します。

この季節だと、東の空は明るくなってきているけれど、まだ日は昇っていないと言う感じですね。
今朝もいつもどおり起きて、1階居間へ下りてくると、昨日の雨のせいかいつもよりも少し暗い感じ。

庭に出て、10分ほど体操をして部屋に戻ってくると、その短い時間の間にも、空は明るくなってきて、丁度、東の空に薄くたなびいている雲がほんのりとピンク色に染まっていました。

きれいな景色を見て、朝から良い気持ちでした。
Posted by kozyken
category:日記
comment(0)    trackback(0)

これも音楽!
これも音楽


昨日の朝、事務所に向かっているときに、僕の前を歩いている職人風の若者がいました。

歩調が同じぐらいなので、しばらくその後を歩いていたのですが、とてもよい音がします。
多分、鳶職なのでしょう。腰のベルトに、プライヤー、ハンマー、くぎ抜き、レンチ、安全索の金具など、色々なものをぶら下げています。
その金物が、彼が歩くとお互いにぶつかり合って、色々な音を出します。器具によって音の高さが違い、彼は同じ歩幅で歩いてゆくので、一定のリズムで音を発生して、まるで音楽を演奏しているようです。

昔見た、ピアニストのグレン・グールドを主人公にした映画、「グレン・グールドをめぐる32章」のワンシーンを思い出しました。
映画の中で、ドライブインのカウンターに寄りかかって、コーヒーを飲んでいるグールドは、周りにいる大勢の客の喧騒を、まるで音楽を聴いているように聞いていると言うシーンです。

町の中には色々な音があふれています。人の話し声、車のクラクション、工事現場の音など等。それらの音は、時として音楽のように聞こえることがあるのだと思います。

ただ、僕がきらいなのは町の中に、スピーカーを使って流される音楽。

高田馬場駅前のビルの上に電光掲示板があって、一日中音楽が流されているのですが、高いところから、強制的に聴かされる音楽は音の暴力と言っても良いと思います。
たとえ好きな音楽だったとしても、あのように強制的に聴かされるのは耐えがたいことです。
Posted by kozyken
category:音楽
comment(0)    trackback(0)

永福町の家-外壁下地
今日は、今年初めての現場と言うことで、永福町へ行って来ました。

外壁下地

現場は5日から職人さんが入っていたと言うことで、外壁にモルタルを塗る為の下地が出来上がっていました。
防水紙の黒いアスファルトフェルトが張られて、その上にモルタルが食いつくように、メタルラスが張られています。このメタルラスは、タッカーと言われる、ホッチキスの親分みたいな道具で取り付けられています。
このタッカーが細かくしっかり打ち込まれていることが、壁の耐久性の上では大事です。

メタルラス

設備の配管が外に貫通するところは、防水テープが巻かれて、雨が侵入しないように施工されています。

通気スリット

この建物は、外壁を2重にして、その間を空気が流れる、いわゆる通気工法を取っているので、基礎の上のところを、ぐるっと15mmほどのスリットとして、ここから空気が壁の間に入るようになっている。
このスリットは、万が一、外側の壁に雨水が入った場合もここから外に排出する役目もしています。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

仕事始め
長かった年末年始のお休みも終って、今日から仕事始めです。

午前中は、事務所で頂いた年賀状の整理やら、出し忘れた人に年賀状を書いたりして過し、お昼休みを利用して、近くの穴八幡へ初詣に行きました。

穴八幡宮

よく前を通るのに、穴八幡へお参りするのは何年ぶりだろう。
お昼少し前に行ったのだけれど、すでにお参りの人で行列が出来ていました。
ささやかだけれど、短い参道に出店も出て、縁起物の達磨や暦、七味唐辛子などを売っています。
早稲田の穴八幡は小さいけれども、ずいぶん歴史の古い立派な神社です。

山門

坂を上った上にある山門は、10年ほど前に立て直したもので、新しいけれど朱の色が鮮やかで、いかにも新年を祝っている雰囲気があります。

帰りがけに、穴八幡の向かいにある、古くからの蕎麦屋さん「三朝庵」で、縁起物のお蕎麦で昼食。
僕は、食べ物は大体薄味で、関東風の蕎麦よりも、関西風の薄い汁の方が好きなのですが、久しぶりに食べた、黒い汁のそばも中々美味でした。

早稲田界隈

お天気も良いので、大学方面に向かって散歩としゃれ込んでみました。
ちょっと脇の路地に入ってみたら、写真のような古い木造の住宅が三軒並んでいるところに出ました。
まるで、ここだけ時代から取り残されたような風情で、50年も前にタイムスリップしたようです。ただそのすぐ後ろに、大学の新しいビルが聳え立っているところがつや消しですが。

このすぐそばに、僕が通っていた中学があるので、この辺はよく知っているはずなのですが、一歩脇道にそれると、まだまだ知らない風景があるものですね。
Posted by kozyken
category:日記
comment(0)    trackback(0)

日本語が亡びるとき
日本語が滅びるとき


「日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で」(水村美苗―筑摩書房)を年末から新年にかけて読みました。

著者の水村美苗は12歳のときに父親の仕事の関係でアメリカへ渡り、その後20年間アメリカに滞在しながらも、英語になじめず、ひたすら二葉亭四迷、漱石、鴎外、幸田露伴、川端康成などの日本の近代文学を読みながら過ごしていたと言う。
そして、大学ではフランス文学を専攻していたというからかなり変わった経歴の持ち主と言えると思います。

この本の前半では、世界の中での言語のシステムについて、後半では、明治以降どのように国語としての日本語が成立したのか、そしてインターネットの時代に日本語がいかに危機に直面しているかと言うことが書かれています。

言語は大きく、「普遍語」「国語」「現地語」の三つに分類されると言う。
「普遍語」とは、国を超えて智を共有する為に用いられる言語のこと。かっては漢語であったり、ギリシャ語、ラテン語など、普通の人が理解できなくても学問をする人々の間で世界共通語として、叡智を共有して学問を展開することの出来る言語です。
「現地語」とはある地域の民族の中でだけ通用する言語。そして「国語」とは、「普遍語」と「現地語」の中間、その国の公用語として、普遍語に近い働きをする言語と言われています。

興味深いのは、国語としての日本語は、明治に入って欧米の文化を取り入れるために、外国語を翻訳する必要に迫られて、当時の日本の大学(主に東大だが)の教授たちがかなり苦労して作り出したと言うこと。
その教授たちが、鴎外であったり、漱石、内田百、坪内逍遥など同時に日本近代文学の巨人たちであったのは偶然ではない。
つまり、新しい国語の成立が、日本の近代文学の成立を可能ならしめているということです。
もちろん、そのような近代文学が成立する基盤としては、万葉集、源氏物語などの伝統的な日本文学の存在が大きな位置を占めているわけですが。

僕は、言葉と言うものは、時代と共に変化してゆくものと漠然と考えていたのだけれど、そうではなく、かなりの努力の末に作られてゆくものであり、それが日本の文化を創ってきたのだと著者は言っているわけです。
その日本語が、戦後の文部省の国語教育によって、危ういものになってきていると言う。日本人ならば、日本語がしゃべれて、書けることは当たり前と言う前提で、義務教育での国語の時間が削られてきたこと、当用漢字による漢字の制限、新仮名使い等が原因で、それにインターネットの普及による、「普遍語」としての英語の重要性の増大が新たな問題を生み出していると言う。

普段何気なく使っている言葉というものについて、深く考えさせられる本でした。
Posted by kozyken
category:
comment(2)    trackback(0)

あけましておめでとうございます
賀正


あけましておめでとうございます。

年末から年始にかけて、毎日穏やかで暖かい日が続いています。
月並みな感想かもしれないけれど、この天気のように穏やかで晴れやかな一年になればよいと思うのは、それだけ世間の様子に暗雲が垂れ込めているせいかもしれません。
こんなときこそ、あせらずに、自分のやるべきことを一歩一歩着実に進めてゆくことが必要なのではないかと思っています。

このブログは、丁度去年のお正月から始めたので、丸一年続けてきたことになります。
ほぼ3日に一度ぐらいの割合で、更新してきて、カウントが4800ほど、一日13件のアクセスとなります。決して多い数字ではありませんが、見てくれている人がいるということは、うれしい限りです。
書くということによって、自分の考え、ものの見方を確認したり、整理したりと、ブログを書くことによって、新しく獲たこともあるような気がします。
今年も、知見を広めて色々なことを書いてゆきたいと思っていますので、時々読んでいただけたら幸いです。

昨日はテレビで、桂離宮を放送していました。
月夜の桂離宮の美しいこと。
庭から見た書院のたてもの、雁行する紙障子のつながりが、内側からの光でほのかに光って浮かび上がるさまは、息を呑むような美しさです。
自分が設計するものとはとても比較できませんが、このように日本の文化の中にある美について、いつも忘れないように心がけたいものです。

今朝は、やはりNHKの放送で、万葉集の特集をやっていました。
日本語が、中国からの漢字を借りて初めて書き言葉として成立して間もない時に、あのように高度な文学が成立したと言うことにも驚きを感じます。
目に見えるものの美しさだけでなく、目に見えないものの美しさにも目を向けて行きたいと思います。
Posted by kozyken
category:日記
comment(2)    trackback(0)

| HOME |