品川 原美術館
昨日は、大阪から友人が来て、2時ごろまで仕事の打ち合わせをして、彼が帰りの新幹線まで時間があるというので、品川の原美術館へ一緒に行きました。

原美術館は、品川駅から歩いて15分ぐらい、御殿山の上の閑静な住宅街にあります。
美術館自体も元々は、住宅だったものを転用しています。設計は、東京国立博物館や銀座の和光(元服部時計店)などを設計した渡辺仁です。

エントランスと前庭

戦前の初期モダン建築ですが、今見ても全く古く感じない、優れたデザインで、僕のお気に入りです。
ずい分大きな住宅ではありますが、それでも基本的に住宅のスケールで、居心地の良い空間を感じます。エントランス回りもたっぷり前庭を取って、丁度紅葉の紅葉がきれいでした。
中庭より見る
庭側から見ると、L型の配置ですが、微妙にアールを描いて、優雅な平面に、繭形をした階段室と、円柱と壁の取り合いが、部分的に反転するなど、結構複雑な納まりをしています。
左側の方は、最近増築したレストラン部分ですが、全く違和感が無く、上手な増築の仕方だと思います。古いものを大事に使う姿勢に、共感します。

階段踊り場
内部の廊下が、外からもわかるように、緩やかなアールを描いているのも、居心地の良い空間になっている理由でしょうか。

2階廊下

円柱を囲むように3階に上ってゆく螺旋階段が、これまた優雅な形をしています。

3階への螺旋階段

2階へ上がる階段室の大きな窓が、特別なことをしているわけではないのに、とても美しく感じるのは、窓のプロポーション、桟の割り方がきれいなせいでしょう。

ウイークデートあって、人が少なく、ゆっくりと建築を観賞できました。一緒に行った友人も、かなり気に入ったようでした。
Posted by kozyken
category:未分類
comment(0)    trackback(0)

神田川あたり
今日は、雑司が谷のマンションリフォームの打ち合わせに行きました。

僕の事務所から行くと、途中で面影橋と言う橋で、神田川を渡ります。
神田川サクラの紅葉

ここは、春にはサクラの名所で、川の両側からサクラの枝がトンネルのようにせり出して、とてもきれいな場所です。そのサクラが、今はきれいに紅葉していて、これもなかなか風情があります。

神田川道程票

橋の袂に、隅田川へ7.5km、源へ17.1kmと言う標識が立っていました。源ってどこなんだろう。

さらに、橋を渡ったところに、「山吹の里」の碑と言うものが建っています。
山吹の里

有名な大田道灌の話で、道灌が狩をしていると、にわか雨が降って来たので、近くの農家に雨宿りします。すると、若い女性が出てきて、山吹の枝を差し出し、「七重八重花は咲けども山吹のみのひとつだに無きぞ悲しき」と歌を詠んだという話しです。山吹に実が付かないことと、雨具の蓑が無いということをかけた歌で、優雅なものです。400年も前の話ですから、その頃はこのあたりも、葦が生えて、田んぼの中に農家が点在するような風景だったのでしょうね。

打ち合わせの帰りに、雑司が谷から、神田川へ向かって急な坂を下りながら、山吹の話を思い出していると、周りの景色の中に、400年前の風情が残っているような気がするから不思議なものです。
宿坂道
Posted by kozyken
category:日記
comment(0)    trackback(0)

お濠を見ながら
お濠

昨日は朝から、法政大学に用があり、市ヶ谷の駅に降りました。

最近、学校の用事が多くて、市ヶ谷へは良く来るのだけれど、夜が多くて、朝のこんな時間に下りるのは久しぶり。
お天気も良くて、お濠の水と緑が気持ちよい。よく考えると、このお濠の存在は不思議ですね。東京と言う大都会の真ん中に宮城とそれを取り巻く濠がかなり大きな面積を占めているわけですから。
そういえば、ロラン・バルトは、日本での滞在紀「表徴の帝国」で、東京の中心には空虚な空間があるというようなことを書いています。この何も無い中心を、色々なものが廻っている。道路が皇居を廻っているので、車はこの周りをまわるように走っているし、山手線も遠巻きながら、皇居を中心としている。そして、都会のランナーは皇居の周りをぐるぐる廻っているなどと考えると、東京の独特な町並みが浮かび上がってくるような気がします。皇居の森には、実にさまざまな植物、昆虫、鳥、小動物の生態系が出来上がっているらしい。基本的に普通の人は入れないので、動物達にとっては天国なのだろう。

約束の時間より早く着いてしまったので、お堀端の喫茶店に入って、コーヒーを飲みながら、紅葉したお濠の桜の木を眺めて、取り止めの無いことを考えてしまいました。
Posted by kozyken
category:日記
comment(0)    trackback(0)

法政大学見学会
土曜日は、ここでも度々書いている、解体の危機に瀕している、法政大学市ヶ谷キャンパスの55年・58年館の見学会を行いました。
教室内部

学生を中心のイベントだったのですが、学生以外にも、建築の保存に興味のあるOB、報道関係の人などが参加してくれて、なかなか盛況な会になりました。

簡単なレクチャーの後、2時間ほどかけて、建物を隅から隅まで見て廻りました。
僕は以前、個人的に写真を撮ろうとやはり2時間ほどかけて、ゆっくり見て廻ったことがあるのですが、その時は入れなかったところがあったりしたので、新しい発見もあって面白い見学会でした。
一人で見ているときもよかったのですが、大勢で意見を交わしながら見ると、自分では気が付かなかった所が見えてくるような気がします。
外観

ほかの人の設計したものを見ることは、よい勉強になるので、なるべく色々な建築を見るようにしているのですが、今回は、保存運動で関わっているので、かなり細かい所まで頭の中に入ってくるように思えます。

見学会は5時ごろに終ったのですが、外はすでに暗くなりかけていて、夕暮れの光で見るこの建物が、又日中とは違った美しさを見せていました。
夜景

Posted by kozyken
category:建築
comment(0)    trackback(0)

秋の味覚-柿
ようやく秋も深まって、我が家の柿の木も実をいっぱい付けるようになりました。
たわわに実った柿木

なぜか、今年はいつもの年よりも生っている実の数が多く、大きさも大きい上に、きれいな色をしています。
元々あまりおいしい柿ではないので、いつも食べないのですが、今年は食べてみると、以外に甘くておいしい。
これも、夏の猛暑のせいでしょうか?
柿の収穫

食べるだけでなく、見た目もいかにも秋を感じさせてくれます。
Posted by kozyken
category:日記
comment(0)    trackback(0)

休日の朝
昨日は久しぶりに夫婦揃ってお休みでした。
うちのかみさんは、基本的に日曜日が休みでないし、僕も土日の打ち合わせが多いので、夫婦揃って休むことはめったに無い。たぶんお盆休み以来かもしれません。

たまにはかみさんにゆっくり寝ていてもらおうと、僕が先におきて朝食の支度をしました。
ところが、我が家の猫のママレードが、かみさんの起きてこないことがどうも気に入らない様子。2階の寝室の前でミャーミャーうるさく鳴き立てています。あまりにしつこく鳴くので、かみさんも我慢ができずに起きて来てしまった。まあ、その頃には食事の支度もそろそろ出来上がりというところでしたが。
久しぶりに、ジャガイモ入りのスペイン風オムレツを作って、庭のバジルの葉をちぎってきて乗せると、色もきれい。なかなかおいしく出来ました。
スペイン風オムレツ、トルティージャパタータス

お天気も良いし、朝からさわやかな気分。今日はどこへも行かず、家でのんびりしていようと思っていると、先日引越しした息子から電話。寒くなってきたので、冬物の洋服を少し運んでほしいとのこと。結局僕が車で運ぶことにしました。

息子のアパートへ、衣類その他を持ってゆくと、駒沢公園でラーメンショーをやっているので行って見ようということになりました。息子は、朝にも行って食べてきたらしいのですが、4枚つづりのチケットを買ったので、夕方にもう一度と言うことらしい。

会場には全国の有名ラーメン店が20ぐらい集まっています。僕たちは、一番好いてそうな津軽ラーメンと言うところに並んだのですが、それでも長い列が出来ていて、20分ぐらい待たされました。
並んだ割には、あまりおいしいと思えなかったのは、それほどお腹がすいていなかったせいもありますが、基本的に僕は、色々手を加えたラーメンが好きではない。
ラーメンは、昔ながらのシンプルで、さっぱりしたものがおいしいと思うのですが、そう思いませんか?
Posted by kozyken
category:日記
comment(0)    trackback(0)

マンションリフォーム

先日、4年ほど前にマンションの部屋をリフォームしたクライアントから電話をいただいたので、今日の夕方に伺ってきました。

都電荒川線

場所が雑司が谷なので、僕の事務所からは20分ほど歩けば行く事が出来ます。
4時半頃に出かけたのですが、日が短くなったので、すでに空は少し暗くなり西の空が少し夕焼けで、きれいな色をしています。途中、神田川の所で都電荒川線の線路を渡るのですが、丁度、都電が走ってきて、ちょっと懐かしい感じがします。

伺ったお宅は、4年前には、予算の関係もあって水周りをはずしてリフォームしたのですが、今回はキッチンと洗面、浴室などの水回りを直したいという話でした。
希望を聞いて、打ち合わせのあと、現場の寸法を採寸。配管、ダクトの位置なども確認します。
マンションの場合、水周りの改修は、出来ることと出来ないことがあるので、慎重に調べる必要があります。

それにしても、4年経って、又設計の相談をしてくれるのは嬉しいことです。
Posted by kozyken
category:未分類
comment(0)    trackback(0)

| HOME |