秋野不矩美術館
土曜日は、大学の後輩が設計した、ある企業の研究施設の完成見学会があり、浜松まで行ってきました。
浜松駅からバスで40分ぐらいの天竜川を見下ろす丘の上に建つその建物は、最先端の研究施設ですが、自然環境を取り入れた素晴らしい建物でした。
ここで、その建築について書きたいところなのですが、何らかの理由があって、10月8日過ぎまでは、写真を掲載しないようにと言われているので、これについては後日書きたいと思っています。

午前中にその建物を見学した後、午後から駅をはさんで反対側の小高い山の上にある、秋野不矩美術館へ行きました。
この建物は、建築史家の藤森照信さんが地元出身の秋野不矩の美術館として設計したものです。

アプローチの途中から見上げる
美術館のアプローチの坂道を大きく迂回しながら登ってゆくと、戦国時代の山城のような姿が見えてきます。

正面外観
建物は、長方形のプランの両端に正方形の方形屋根のマッスが45度角度を振って付いている形になっています。左側がエントランスホール、右側がメインの展示室です。
使っている材料が、壁は荒らしいテクスチャーの土塗り壁と、木の板、そして屋根が天然スレート。藤森さんの建築は工業製品を使わず素朴な材料で作るところに特徴がありますが、よく見るとスレート屋根の下にスチールの下地が見えたり、土塗り壁もコンクリートの構造の上に塗ったものである事が解ります。

壁から飛び出す雨樋
これは雨樋。木を刳り抜いて作っているところが、いかにも藤森風。

エントランスホール
中に入ると、床が藁スサを入れた三和土風、壁、天井はやはり藁スサを入れた白い漆喰塗りです。そして柱や梁は、手斧で削り取ったような不整形な形をしていて、親しみやすい柔らかな空間になっています。

照明
照明も、壁から木の枝をそのまま突き出して吊るしています。

階段
階段も三和土に風の床がそのまま階段になった感じです。

実は僕が一番気に入ったのは、奥にある45度に振った正方形プランの展示室なのですが、撮影禁止でした。
シンプルな正方形プランに、屋根と同じ形の逆ピラミッドの高い天井が載り、壁と天井は白いスサの入った漆喰、床は大判の大理石が間を漆喰で埋めながら並べれられています。
部屋の広さと、天井の高さのスケール感が良く、使っている材料もほとんど白なのですが、工業製品にないテクスチャーがあります。建築は、材料の選定とスケール感が良いとそれだけで良い空間になるという見本のようです。

僕は20年ほど前、藤森照信のデビュー作、「神長官守矢資料館」を見に行ったことがあるのですが、その時は建物の際どさ、と言うかいかにもフェイクなところが、どうしてもなじめませんでした。この建物にも、その感じは残っているのですが、ずっと洗練されていて、こういう建築もいいなと、思わせるものがあります。

もう一つ、ここに展示されている秋野不矩の絵と、この建物が良く合っています。秋野不矩の絵は、近代的な美術館で鑑賞するよりもここで見る方がずっと落ち着いて、細部まで鑑賞できるような気がします。
Posted by kozyken
category:建築
comment(0)    trackback(0)

イスタンブールで見た建築(3)
3つ目の建物は、金角湾とマルマラ海に挟まれた岬の中央の丘にそびえる、スレイマニエ・モスク。

中庭の四隅に立つミナレット

実は僕はこのモスクが一番気に入りました。ブルーモスクより60年ほど前に、大建築家ミマーム・スィナンによってスレイマン1世の命で建てられた、と言われるものです。
スィナンはアヤソフィアに敬意を払って設計したと言われますが、確かに基本的な構成はアヤソフィアと同じで、大きさは若干小さくなっています。
ただし、材料の使い方、細部のデザインは、隅々まで考え抜かれた跡が見られ、建築家の才能と、力の込め方が感じられる建物です。

僕は西側の方から回っていったのですが、モスクの北側にスルタンとその家族の眠る霊廟があり、スィナン自身もそこに埋葬されているようです。霊廟にたくさんいる猫に餌をやっている人を見かけましたが、猫は神の使いとして大事にされているという話を思い出しました。

西側のギャラリー
ギャラリー二階のアーチ
モスクの側面には、スルタンアメフトと同じように2層のギャラリーがありますが、スルタンアメフトでは1階も2階も同じ柱とアーチの構成だったのが、ここでは全く違う構成を取っています。1階に対して2階の柱間が狭くアーチも小振りになっているのですが、その対比がとても美しく、この建物の一番良い部分はここではないかとさえ思えます。

回廊で囲まれた中庭
そして、3つある中庭への門の西側から入ると、この中庭がまたとてもいいのです。

正面入り口のアーチは中央に向かって高くなってゆく
スルタンアメフトではすべて同じ大きさだった回廊のアーチが、ここでは中庭の正面入り口とモスク側で、中央に向かって高さが高くなっています。そして柱の石の種類も変えているのですが、それがシンプルで美しい回廊に威厳を与える結果になっています。

横に長い前室空間
モスクの内部に入ると、まず横に長い空間がありますが、この辺もアヤソフィアによく似た構成です。その奥に礼拝の空間があります。

礼拝室

礼拝室の見上げ
スルタンアメフトよりドームの数が少なく、装飾も控えめですが、そのことにより空間の構成が明快になり、シンプルでモダンな感じがします。
しかしよく見ると、ここでも材料の使い分け、柱頭部の装飾など考え抜かれたディテールを見ることが出来、並々ならぬデザインの力が発揮されていることが解ります。

丘の下に海とその向こうのアジア側を臨む
外に出て、中庭の東側の門を出ると、塀の向こうに金角湾とマルマラ海の出会う海が見えます。その海の向こう側はアジアだと思うと、イスタンブールが特別な街だということを改めて考えさせられます。
Posted by kozyken
category:未分類
comment(0)    trackback(0)

イスタンブールで見た建築(2)
イスタンブールで、アヤソフィアに次いで有名なのが、ブルーモスクの通称で知られる、スルタンアフメット・モスクで、アヤソフィアにちょうど対面するように建っています。

スルタンアフメット・モスク

アヤソフィアが、中央ドームの両側に半ドームが付くような形だったのに対して、スルタンアフメットは半ドームが4つで囲むようにつながり、さらにその四隅に小さなドームが付くという複雑な形をしています。その形が内部にも表れるので、いくつものドームが重なった変化に富んだインテリアになっています。
そして、モスクに特徴的なミナレットが6本もありますが、これは世界中でこのモスクだけと言うことです。

側面バルコニー
最初の門をくぐって庭に入ると、建物の側面に2層のテラスが見えますが、このアーチが等間隔ではなく途中に小さなアーチを挟んで、リズムを作り出しています。アーチは半円アーチではなく、2つの円を交差させて頂部が尖った尖頭アーチと呼ばれるもので、12世紀ごろのゴシック聖堂ではよく見られるものですが、多分ヨーロッパの影響がすでにあったのではないかと、推測しています。

中庭の回廊空間
さらに門をくぐって、モスクにはつきものの、回廊に囲まれた中庭に出ます。この中庭がとてもゆったりして良いスケールです。中庭の真ん中には礼拝の時に身を清める水盤があります。

回廊の天井見上げ
回廊の屋根には小さなドームが並んでいて、天井を下から見上げると、リズミカルで心地よい空間になっています。

ドームの組み合わせの美しいインテリア

天井を見上げる
内部はとても広いのですが、いくつものドームの繰り返しと、様々な窓からの光で満たされて、意外と親しみやすい空間です。

タイル詳細
親しみやすさの原因は、いたるところに張られたタイルの柔らかな色合いにもあると思います。ブルー系のタイルが貼られているのでブルーモスクと通称されているようですが、ピンク系のタイルも多く、その色の組み合わせと繊細な模様が全体の雰囲気を作っています。

ステンドグラス越しに入ってくる光
大小さまざまな窓にはステンドグラスが嵌め込まれていて、タイルの模様と華やかさを競っているようです。
イスラムでは偶像を飾ることが禁じられているので、様々な抽象的な模様で空間を飾ることが発達してきたということでしょうか?
Posted by kozyken
category:建築
comment(0)    trackback(0)

一楽荘訪問
土曜日に、「ののの家」のお施主さんのSさんが、長野県の八ヶ岳の麓、富士見に持っている別荘へ伺ってきました。
前からお話を聞いていて、一度行ってみたかったことと、改修工事の相談もあって伺いました。

建物は、Sさんの実家が以前経営していた旅館の一部を移築したもので、「一楽荘」と名付けられています。

母屋外観
写真の玄関のある右側部分が大正時代のもので、すでに100年以上たっています。その左側は新築したものです。

離れ外観
こちらは離れの建物で、これは昭和初期のものを移築したもので、今も来客用に使っているということです。

玄関脇の図書室
古い建物の移築と言うことだけでなく、随所にSさんの考え方が反映されていて、とても興味深い建物です。
玄関を入ったところは広い土間になっていて、その一角が図書室になっています。Sさんとお父さん、叔父さんの蔵書が壁一面に並べられていて、独特な分類がされています。古い家具やダルマストーブが置いてあり、独特な雰囲気がします。以前は富士見町の人たちにこの図書室を開放して、イヴェントを開いたりしていたそうです。

居間と食堂
居間と食堂は新築部分ですが、梁や野地板が表しになっていて、天井の高い気持ちの良い空間です。

集魚灯の照明
照明はイカ釣り船の集魚灯で、配線も昔ながらの碍子を使っています。

プロ用ステンレス調理台
キッチンは、広くて使いやすそうですが、プロ用のステンレスの調理台を使用しています。

両開き猫間障子
これは離れの和室ですが、障子が昔のままで、左右に開くいわゆる猫間障子で、スリガラスに模様が入っているなど、遊び心がいっぱいです。

丸窓
さらに玄関側にある丸窓の障子の桟がとてもきれいです。こういう障子で遊ぶことは、今ではあまり見かけませんね。

一畳台目の茶室
もともとは浴室だったところが、一畳台目のお茶室になっていました。あまり形式にこだわらない、自由で楽しいお茶室です。

Sさんのお話を伺いながら、お昼をご馳走になり、ゆったりした空間で、ついつい長居をしてしまいました。
家と言うものは、そこに住む人の人柄を反映するものですが、この家はまさにSさんならではのユニークな試みが随所に見られる建物でした。
Posted by kozyken
category:住宅
comment(4)    trackback(0)

イスタンブールで見た建築(1)
イスタンブールで見た建築について、書いてみたいと思うのですが、あの強烈な印象をどうも言葉で書く自信がありません。何とか写真の助けを借りて書いてみようと思います。

書いてみたいのは、アヤソフィア、スルタンアフメト・モスク(ブルーモスク)、スレイマニエ・モスクの3つですが、イスタンブールのモスクは全て構成が良く似ています。それは、みなアヤソフィアを原型としているからです。

アヤソフィアは、コンスタンティヌス大帝がローマ帝国の都をコンスタンチノープルに移した時にキリスト教の教会として作られたと言いますが、その頃は普通のバシリカ形式だったらしい。のちに反乱の火災によって焼け落ちて、6世紀初めユスティニアス帝の時代に、今の形に近い形で再建されたそうです。
その時にどのような考えからこのようなデザインが生まれたのかが僕にとっては未だに謎です。僕の不勉強のせいかもしれませんが、のちの西ヨーロッパのロマネスクやゴシックの教会堂とはだいぶ異なる形をしています。

1453年にビザンツ帝国が滅亡して、オスマントルコの時代になって、回教のモスクに転用されるようになります。ここでまた疑問が湧くのは、その後のモスクがみな何故、この元はキリスト教の聖堂であった建築の形式を受け継ぐようになったのかと言うことです。
それだけアヤソフィアが偉大な建物だったということなのでしょうか。

プランは正方形に近い方形で、中央に直径が31mの大ドームを載せ、手前と奥に、同じ大きさのドームを半分にしたものが付きます。両脇には小さなドームを載せた側廊部分があり、キリスト教教会の形式を取っているのが解ります。

アヤソフィア遠景
雄大な建物の4隅に4本の大きなタワーが付いていますが、これはミナレットと言って、回教寺院に転用された時に付けられたものです。

近景
近くで見ると複雑な外観をしていますが、もともとの方形の単純なプランに、いろいろな用途を増築していったのではないかと思います。

入口の控え壁
入り口部分に大きな石の塊のような控え壁がありますが、これはゴシック建築のフライングバットレスを連想させます。後世になって補強のために付けたのではないかと僕は思っているのですが。

入口廊下部分
入り口を入ると横に長い廊下状の空間が二つ繋がります。

ドームの下の身廊部分、後ろに後陣

中央ドームと、その半分のドーム
さらに中に入ると、大きなドームをいただいた、天井の高さが55mもある大空間に圧倒されます。

側廊部分を見る
両脇の側廊部分は2層になっていて、小さなドームが掛ります。この上のアーチ状の壁にはいくつもの窓があいていて、きれいな光が入ってきます。

透かし模様の入った柱頭
大きな空間ですが、いたるところに繊細な装飾がみられて、人間的なスケールも感じさせます。この柱の柱頭は、植物模様の透かし彫りがあって、とても美しいものでした。

モザイク画
いたるところに、ビザンチン時代のきれいなモザイク画がありますが、これはモスクとして使われていた時代には漆喰で隠されていたそうです。破壊されなかったので、のちに発見されたということですが、もともとイスラム教にはそういった寛容な精神があったのではないでしょうか。
Posted by kozyken
category:建築
comment(0)    trackback(0)

梅若能楽堂
梅若能楽堂

昨日は東中野にある、梅若能楽堂へ建築の見学と、お能の鑑賞に行きました。
大学の同窓会の中に、女性フォーラムという集まりがあるのですが、そこの企画で、我々も教えを受けた、建築家の大江宏設計の建物と能を見る会に参加させてもらったものです。

僕は能楽に詳しい訳ではないのですが、1週間前までイスタンブールとローマを旅していた印象がまだまだ強く残っている頭で見ると、日本的ということはなんなんだろうと考えさせられる体験でした。

出し物は、前半が「老松」、間に狂言を挟んで、後半が「浮舟」。「老松」は老人の姿をした老松の精と若い女性の姿をした紅梅殿が舞を舞うという筋立てです。後半の「浮舟」源氏物語の浮舟の魂が芝舟に乗って、旅の僧の前に現れ、僧の読経によって救われて消えて行くという筋立てになっています。どちらも、主役は人間ではなく、木の精であったり、物の怪に憑かれた女性の霊であったりと、現実離れした、いわゆる幽玄の世界です。

その舞のバックになる音楽として一本の笛と、鼓が二人、そして数人の謡が入ります。
笛はメロディーを奏でるのではなく、一瞬の風のような音であり、鼓の音はリズムを刻むのではなく、時間の流れに句読点を打つようであり、地謡は唄ではなく、あくまでも声を発するように聞こえます。これは西洋の音楽の概念とはずいぶん違っています。

解説をしていただきました

舞台が終わった後に、特別に演者の一人の方にいろいろとお話を聞かせてもらい、大変勉強になりました。この舞台には設計者の大江宏の建築家としてのこだわりもあり、演ずる側としては使いにくいところもあるという話は、当事者でないと解らないことであり、とても参考になりました。
Posted by kozyken
category:日記
comment(0)    trackback(0)

初めてのイスタンブール
しばらく、イスタンブールとローマの旅に出かけていた為に、ブログが間が空いてしまいました。

一昨日、日本に戻り、まだ時差ボケが直らない状態ですが、少しずつ旅の報告をします。
僕の旅の目的は2つあります。一つは、街並みを感じ取ること、そしてもう一つは仕事柄当然と言えば当然ですが、建築を見ること。そのために、泊まるホテルは安宿で一向に構わないし、食事も安くておいしければ余りこだわらない。絶対に高価なショッピングなどはしない。

イスタンブールは、そんな僕の目的にぴったりの町でした。街並みは変化に富んで、面白いところがいっぱいありますし、建築は、これは言葉に尽くせないほど素晴らしかった。

海から見た旧市街の夕景

良く言われるように、イスタンブールは、ボスポラス海峡を挟んでヨーロッパ側とアジア側に分かれ、ヨーロッパ側も金角湾を挟んで、旧市街と新市街と言うように大きく3つの地域からなります。僕は主にこのうちの旧市街で3日間を過ごしました。

旧市街から、ガラタ橋を渡るとその向こうが新市街

この旧市街は、金角湾とマルマラ海に突き出た半島になっていて中央が小高い丘になっているので、道路は複雑に絡み合い、それが魅力的な街並みを形成しています。
この小高い丘になった地域からは、ちらちらと海が見えるのも魅力のひとつです。

エジプトバザールの喧騒

町はものすごく活気があり、町の中心地は一日中人通りが絶えません。エジプトバザールと言われる、町の人の日地用品を売っているバザールは夕方になると、自由に動けないほどの人の波でいっぱいになります。

大衆食堂ロカンタ

楽しいのは、レストランやカフェがみんな道路にはみ出してイスやテーブルを出して、大勢の人がわいわいがやがやと、食事をしたり、お茶を楽しんでいる光景です。
この写真は、中央の丘、スレイマニユ・ジャーミーの前のロカンタと言われている大衆食堂です。店の中にいろいろな煮込み料理の入った鍋があり、好きなものを注文できます。僕はここで、肉とトマトの煮込みを食べましたが、安くておいしかった。

レストランのイスの下に猫

もう一つ、猫好きにうれしいのは、イスタンブールでは猫が大事にされていて、町中いたるところに猫がいて、レストランで食事をしていても、すぐに猫が集まってきます。
もっとも、猫嫌いの人には迷惑なことかもしれませんが。

イスタンブールの建築については、次回に書くつもりです。
Posted by kozyken
category:景色
comment(0)    trackback(0)

| HOME |