土曜日に、上野の国立博物館で開催されている、「栄西と建仁寺」展へ行ってきました。

栄西と建仁寺にまつわる様々な絵画、書、彫像などが展示されていて見ごたえのあるものでしたが、僕の一番の目的は俵屋宗達の「風神雷神図屏風」を見ることでした。

俵屋宗達の風神雷神図屏風

僕は、日本の美術の歴史にあまり詳しい方ではありませんが、この俵屋宗達と本阿弥光悦の二人の残した仕事にはずうっと興味がありました。
17世紀初め、つまり江戸期の初めにこの二人が協同した仕事は、扇絵であったり、屏風であったりと、具体的なものでありながら、非常に抽象性の高いヨーロッパの20世紀の絵画を先取りする感覚があります。
400年も前にこのように優れたデザイン感覚が日本人の中にあったことに驚くのですが、もともと日本人の中には、世の中の事象をそのままストレートに描くのではなく、いったん抽象化して描くという特別な能力があったのかもしれません。それが日本人独特の自然観になっているのかもしれないと考えられます。

風神雷神図屏風の魅力の多くは、風神と雷神の配置にあるのではないかと思います。
雲の乗ってこれからひと暴れしようと掛け合っている風神と雷神が描かれていますが、風神は右上ぎりぎりに描かれて、風袋と風にたなびく腰紐の一部は画面からはみ出しています。それに対して雷神は画面の左上に描かれて、背中の太鼓が大きく画面からはみ出しています。そして雲に踏ん張っている足の裏が大きく見えていることがことさら浮遊感を強調しています。
この配置の妙によって、風神と雷神が軽やかに空の上を動き回る動きが生まれています。

この日は本館に常設展示されている、尾形光琳の風神雷神図屏風も比較して見ることが出来ました。光琳のこの絵は宗達の絵の忠実な模写ですが、比較してみると雷神の位置が幾分下がっていて、太鼓もはみ出すことなく画面に収まっているのですが、このことで宗達の絵の持っていた軽やかな動きがそがれているように感じます。また雲が、宗達に比べて黒々と描かれているので、風神と雷神が浮かび上がる効果はあるのですが、宗達の絵の持っている軽身が失われています。
尾形光琳の風神雷神図屏風

宗達の絵は近代絵画のコンポジションを先取りしているような非常にモダンな感覚を感じることが出来ます。

Posted by kozyken
category:未分類
comment(0)    trackback(0)

八幡山の家-外部点検
昨日は八幡山の住宅リフォームの現場、定例打ち合わせでした。

いよいよ来週初めに足場を取り外すので、昨日は足場の上をぐるぐる回って、外部の最終点検を行いました。足場があるうちに点検して、問題があれば直してもらう訳ですね。

三角形の霧除け
これは窓の上に付た霧除け。小庇とも言いますが、小雨の時などでも窓が開けられるためのものです。最近はデザイン的に野暮ったい感じになることを嫌って付けないこともあるのですが、やはりあった方が使い勝手が良いものです。
そこで毎回、この霧除けをどんな形にするのか考え処なのですが、今回は45度の勾配の三角形断面にして、外壁と同じ色で塗ってみました。ちょっとかわいい霧除けになったのではと思っています。

ベランダ鉄骨の塗装
ペンキ屋さんは外壁の塗装が終わり、バルコニーの鉄骨の塗装、それから既存屋根の塗装と、足場解体に向けて4人体制で忙しそうに働いていました。

点検を一通り終わって問題になったのは食堂の上のトップライト部分。今まで養生の合板があって気がつかなかったのですが、ガラスが割れていて、雨水が回ったのか受けの木材にシミが見えます。指を差し込んで押してみるとやはり腐食しているようです。
このガラスはLow‐Eガラスに取り換える設計になっているのですが、ガラスを外してから大工さんに腐っている部分の木材を取り換えてもらうように指示しました。
トップライト

来週足場が取れて、外観が見えるようになるのが楽しみです。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

目黒区庁舎見学会
昨日は目黒区総合庁舎の建築ガイドツアーに参加してきました。

目黒区総合庁舎は元は民間の千代田生命の本社だった建物を、千代田生命が破たんして売却するときに目黒区が買い取ったもので、村野藤吾の設計による名建築です。

村野藤吾は、日生劇場や、大阪の歌舞伎座、広島のカトリック大聖堂、都ホテルなどを手掛け、モダニズムの理詰めのデザインに対して、独特な感性で感覚的なデザインをする建築家でした。

この日は、ボランティアで案内役をする建築家に解説を伺いながら、約二時間のツアーで、いくつかあるコースの中から僕は和室を中心に見るコースに参加しました。村野藤吾には村野流と言われる独特な数寄屋のデザインがあり、それをぜひ見たいと思ったのでした。

エントランスホールの開口
集合場所の南口エントランスは、千代田生命時代からメインの客用のエントランスだったところで、床も壁も大理石張りの豪華な空間で、低い位置に空いた窓が独特な形をしています。普通ならば四角く開ける窓を面白い形にあけています。イタリアの建築家、カルロ・スカルパを彷彿とさせます。

エントランスホールの天窓
そして天井には楕円形の天窓が2つ1組で4組並んでおり、内側にモザイクタイルの装飾があり、これは四季を表しているそうです。僕にはローマにあるボッロミーニのサンカルロ教会のクーポラを連想させました。

中庭越しに見る本館ファサード
途中の窓から中庭の池越しに本館のファサードが見えます。本来の窓から1mほど離れて細い列柱が並ぶファサードはロマネスクの回廊を思わせる優雅なもので、アルキャストと呼ばれるアルミの鋳物で出来ています。

中庭の池に面して和室がいくつかあるのは、千代田生命時代に社員の福利厚生のための茶室や宴会場だったところです。

大広間柱と壁の納まり
これは、宴会に使われたという大広間ですが、襖の当たる柱が壁から離れていたり、天井に近いところに蟻長押と呼ばれる横材が回っていたりと村野藤吾独特のディテールが見られます。

茶室のアプローチ
中庭に面して4畳半の茶室がありますが、本体は木造ですが、屋根庇をアルミで葺いたり、庇の柱が鉄骨だったりするところも面白いところです。

茶室内部
内部は、裏千家の又隠の写しと言われていますが、ずいぶん村野好みになっています。天井は全面籐を編んだもので間から照明の光がこぼれてきます。

独特曲線の階段
この建物の極めつけはこの階段です。村野藤吾は階段の名手と言われたそうですが、楕円のらせん階段を基礎として、自由に変形した形態は他では見ることのできないものと言えます。

優美でありながら使いやすい手すり
そして手摺の曲線の優美なこと。僕はこの手摺に手を這わせながら上り下りしたのですが、何とも自然に手が行く位置に手すりが流れていて、デザインだけでなく使っていて気持ちの良いものでした。

この建物は竣工してからそろそろ50年近くになります。千代田生命が破たんした時に解体されず、目黒区が買い取ってコンバージョンしたこと。目黒区には先見の明があったということでしょう。日本中を見渡しても、こんなに優雅で美しい庁舎はありません。
今回のような見学会を催したり、ここで結婚式も行われているということです。
Posted by kozyken
category:建築
comment(0)    trackback(0)

八幡山の家-ソーラーパネル取付
昨日は八幡山の住宅リフォーム現場の定例打ち合わせでした。

取付金物の取り寄せに手間がかかって取り付けが遅れていた太陽光発電のパネルがようやく取り付けられていました。全部で14枚、3.6KWの能力があります。
ソーラーパネル

外壁のモルタル塗りも先週で終わっているので、昨日はその上にペンキ屋さんがローラーで塗装仕上げをしていました。この壁材は、低汚染性、弾性があるというものです。つまり汚れにくく、下地のモルタルの細かなクラックに対して追従性があるということで、今回のような改修工事には向いているということで採用しました。
外壁の塗料をローラーで塗る

2階南側にあるテラスの床や屋根を剥がして、これから鉄骨に塗装をします。テラスの床は以前はプラスティックのものが付いていたのですが、静電気が起きて気持ち悪いという話があったので、サーモウッドのデッキ材を張る予定です。
南側2階のバルコニーの床と屋根を外したところ

内部では、先週取り付けが終わったキッチンの調理カウンターに、ガスコンロ、食洗機、水栓などが取り付けられて、料理が出来るようになりました。
キッチンの壁や天井の仕上げ工事がまだ残っているのですが、生活をしながらのリフォームなので、キッチンは使ってもらうようにしました。
使えるようになったキッチン

来週中には外部の工事も終わり、連休の中ほどで足場が外れる予定です。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

一楽荘改修工事
昨日は長野県の小淵沢近く、富士見町にある、「ののの家」のお施主さんの別荘へ行って来ました。

松本に在ったご実家の古い旅館を移築して建てた建物を「一楽荘」と名付けて別荘として使い、入り口の広い土間を図書室としていることは、以前にここにも書きました。

一楽荘

この建物は、長年旅館として使われてきただけあって、とても凝っていて、雰囲気もとても良いのですが、問題は冬には相当に寒いことで、今回はその断熱の改修をすることにしました。
完全な断熱性能を求めることは無理としても、明らかに断熱的に問題になるところが何カ所かあるので、それをリストアップしてこの建物を施工した大工さんと打ち合わせを行いました。

一楽荘の建っているところは、大規模な別荘地と違って、数件の建物がゆったりと建っていて、遠くに八ヶ岳の山や、南アルプスの甲斐駒ケ岳を望むとても良いところです。

周辺の地形

ここの魅力の一つは、地形がゆったりと波打つように起伏があって、その山の見える景色と共に林と畑がバランスよく広がり、牧歌的な雰囲気を醸し出しているところにありそうです。
もう一つは、建っている建物がけばけばしいものが一つもなく、どれも昔からそこに建っているような自然な感じがすることにあります。

近隣の建物

お話を聞くと、今日打ち合わせをした大工さんのお父さんがこの付近の多くの建物を手がけられて、そのうちの何軒かは一楽荘と同じように古民家を移築したそうです。
お話を伺ってなるほどと合点がいったのですが、昔の集落の様に、材料や建て方に統一性があることはとても大事ですね。

八ヶ岳を望む

林を背にした敷地の遠望
Posted by kozyken
category:住宅
comment(2)    trackback(0)

八幡山の家-家具取付
今日は八幡山のリフォームの現場で定例打ち合わせでした。

昨日から家具屋さんが入って、キッチンの調理台が納まっていました。カウンターがコーリアン(人工大理石)、扉関係がメラミン板で作っています。
明日には水道、排水の配管をして、ガスコンロ、食洗機も取り付けて使えるようになります。3期工事に入ってから3週間、台所が使えなかったのでお施主さんにはだいぶ不便をかけましたが、明日の夕方からは使えるようになります。
キッチン調理カウンター

ガスコンロの上に被さっているのはレンジフードで、ダクトで床下から外へ排気するようになっています。これは、もともとのキッチンがそうなっていたところを利用しています。
後ろから見た調理カウンター

玄関では靴箱も付いていました。取っ手を付けずに、扉に掘り込むようにしているのですっきりした印象に仕上がりました。右側の背の高い部分はコート収納になっています。
外壁モルタル塗り

外では、左官屋さんが壁下地のモルタルを塗っていました。今日中にモルタル塗りは終わって、しばらく乾燥期間をおいて、来週末から仕上げの塗装を行います。
もう少しで足場が取れて、全体が見えるようになります。
玄関靴箱

現場へ行く途中の松沢病院は、先週は桜が満開だったのですが、今週は桜もほとんど散って、急にケヤキの木の緑が濃くなっていました。この季節、たった一週間でこんなに景色が変わるのも自然の不思議ですね。
松沢病院のケヤキ
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

花の季節
この季節、花と言えば日本中が桜の話題一色になりますが、我が家の庭も3月末からいろいろな花が咲き始め、草の芽、この芽も顔を出し始めます。

我が家の庭は落葉樹が多いので、冬の間はず分さびしい庭になっていますが、この季節は一斉に芽が吹きはじめて一気に春の到来を実感することが出来ます。

まず最初は、玄関脇のユキヤナギが真っ白な花を咲かせます。
ユキヤナギとモクレン
ユキヤナギ

そして道路わきのモクレンが良い香りを漂わせ始めます。
モクレン

庭のあちこちには鈴蘭スイセンがかわいい花を咲かせます。これは何時からか咲き始めて、庭のあちこちに広がって咲いています。
スズランスイセン
スズランスイセンの花

それから、香料として植えているローズマリーも紫色のきれいな花を咲かせます。
ローズマリー

そして椿の花
椿

毎年同じことを繰り返す自然は不思議だなと思いますが、それでも必ず同じではなくて、どこかから種が飛んでくるらしく、知らないうちに新しい花が咲いたり、それが少しずつ増えて行ったりと景色が変わってゆくのも面白いところです。
去年の暮れに、庭の隅に小さなモミジの木が生えているのに気が付いて、この春にそれを日当たりの良いところに植え変えてあげました。何年後かに紅葉を見られるのが楽しみです。
Posted by kozyken
category:日記
comment(0)    trackback(0)

八幡山の家-床暖工事
昨日は八幡山のリフォームの現場の定例打ち合わせでした。

ダイニングの床暖房工事
3期工事もだいぶ進み、ダイニングの床暖房の工事をやっていました。
アルミ箔の付いた銀色のパネルを床に並べていますが、このパネルに温水を通すための架橋ポリエチレン管をこの後に埋め込んでゆきます。この上に大工さんがフローリングを張ることになります。

北東角の壁の耐震補強
先週、柱が腐食していて、基礎もずれていたところは、基礎と柱を補強したうえにこのように構造用合板を張って、耐震補強としました。

ダイニングトップライト部分の水平補強
ダイニングの北面に長いトップライトがあるのですが、これがやはり構造的に問題になっていました。壁を折角補強しても、その力がトップライトの所で縁が切れて伝わって行かないのです。さんざん悩んだ末、トップライトの光が減ることになりますが、トップライト部分1/3ほどを写真の様に構造用合板で補強して、壁の力が水平に伝達するようにしました。トップライトが十分大きいことと、他の窓もあるので、光の問題よりも耐震補強を優先したわけです。

1階浴室窓下の土台取り替え
やはり先日土台の腐食していた浴室の窓下は、ご覧の様に土台を入れ替えました。水に強いヒバ材を土台に使い、これから下地を作って水が回りにくいようにしたうえでタイルを張るようになります。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

| HOME |