火天の城
火天の城

前から読もう読もうと思っていた、「火天の城」(山本兼一)を読んでみました。

本が出た時にずいぶん評判になったし映画化もされたので、読まれたり映画を見た方も多いと思います。
織田信長に仕えて、安土城を建立した大工の棟梁の物語ですが、評判にたがわず面白い小説でした。
安土城は竣工して数年の後、本能寺の変の後に焼け落ちてしまったので正確な資料が残っていないようですが、小説では工事の過程が実に詳しく具体的に掛れていることに感心させられます。もちろんフィクションですから、小説家の想像力によるところが多いのでしょうが、相当に詳しく下調べをしたのではないかと思います。
出てくる大工や石工の棟梁の話はもちろん、材料となる木を切り出す木曽の杣の話なども興味をそそられる逸話がちりばめられて、いかにもさもありなんと思わせます。
職人たちの技術的なことばかりではなく、木や石を扱う職人の心の動きなども実に正確に描写されています。そういった丁寧なディテールの積み重ねが、この小説をフィクション以上のものにしているように思います。

途中から信長の命で、壁を厚く丈夫なものに変更するのですが、その重量で完成間近の建物に異変の起こるところが、この物語のクライマックスではないかと思います。
7層の天守を支えるために中心に尺5寸角、長さ8間の通し柱が3本あります。壁の重さで周辺の桁が下がり始め、通し柱はしっかりつぱっているので、床が傾き始め、余計な力のかかった梁のほぞが悲鳴を上げ始めます。このままでは城の倒壊につながりかねないという時に棟梁はどのような解決策を出すのか、手に汗を握る場面です。
棟梁の解決策は3本の通し柱を根元で12cmほど短く切り取るのですが、建物の重量のかかっている柱を3本同時に切るのは至難の業といえます。しかしその描写は高度に専門的な技術に裏打ちされています。

小説と言うものは、読む人によっていろいろなとらえ方があるものだと思います。
僕にとってこの小説は、歴史的な建築の技術にとって、実証できないものを小説家の想像力によって補うという意味でとても興味深いものでした。
Posted by kozyken
category:
comment(0)    trackback(0)

八幡山の家―写真撮影
先週の土曜日に、先月竣工した八幡山の家へ写真の撮影に行って来ました。

この家は、リフォーム工事だったので僕がデザインしたところと、まえの設計者のデザインがそのまま残っているところとが混在しています。

この居間の部分は床も壁、天井もサッシも全て新しくしていますが、デザイン的には前の設計者のデザインのままです。
リビングルーム

このキッチンも全て新しくしましたが、デザイン的には以前と変わっていません。
キッチン

この階段部分は階段が昇りやすいように新たに作り直したので、デザインも変わっています。玄関にあるベンチは靴を履くときのためのもので、縦の手摺につかまって靴を履いたり脱いだりできるようになっています。
玄関・階段

そして2階のこの部屋は、もともと子供室2部屋だったものを一つに繋いで、天井も斜めの高い天井に直しています。
2階の予備室

2階に新たに浴室を作ったので、この洗面室もトイレ兼用で新しく作りました。右側にある扉はウオークインクロゼットの入り口で、その先の寝室につながっています。つまり、お風呂から上がって、ここで着替えをして寝室に戻る、又は朝起きて寝室からここで着替えて洗面室で顔を洗うというような動線になっているわけです。
洗面室

これは、食堂にある太陽光発電のデーターを見るディスプレーです。いろいろなデータが見られるのですが、ここではこの2週間の発電量や、電気の使用量が表示されています。上に毎日の発電量、そして下に使用量が棒グラフになっていますが、多い日には使用量の倍ぐらい発電している日もあります。2週間のトータルで発電量が185.7kwh、使用量が135.6kwhなので、発電量が使用量を50kwhも上回っていることになります。
ソーラーディスプレイ

梅雨時で雨の日が多かったことを考えるとかなり良い成績ですね。
ご夫婦二人だけの生活で、あまりエネルギーを使わない生活と言うこともあるのでしょうが、このディスプレーを眺めていると自然に節電する習慣が付くということもあるようです。
Posted by kozyken
category:住宅
comment(0)    trackback(0)

法匠展開催中
ブログが少し滞ってしまいました。
仕事が忙しくなってきたところに、前回書いた、法政大学建築学科のOBによる展覧会「法匠展」が始まり、毎日のように会場に行っているので、全く暇がなくなってしまいました。
その「法匠展」も明日で御終いになります。

今回初めて写真を出してみて、うれしいことは、いろいろな方から意見が聞けることです。
今日も、昔住宅を設計したお施主さんでプロの写真家の方が見に来てくれました。光のとらえ方が良いと言われて、かなり喜んでいます。(多分にお世辞だとは思いますが)

この会は、建築学科出身者の会ですが、自分の仕事である建築作品を題してはいけないというルールがあって、あくまでも絵や写真、彫刻など趣味で作っているものを出すことになっています。とてもユニークな作品もあって、楽しめる展覧会なのではないかと思います。

学生のインスタレーション「Clear Plant」
会場はこんな雰囲気で、真ん中にあるのは現役の学生たちによるインスタレーションで、一枚一枚のパネルに、先輩から学生たちに贈る言葉が書かれています。

houshou2.jpg
これは似顔絵の特異なOBの作品。誰だか解りますか?

houshou3.jpg
これは正三角形の段ボールを張り合わせて作ったオブジェで、この中を抜けて上に上ると仙人になれると説明がついています。

houshou4.jpg
これは制作中のバイオリン。この人は去年はチェロを3年がかりで手作りして、会場で演奏してくれました。大変な根気のいる作業のようです。

houshou5.jpg
そしてこれが僕の4枚組の写真。去年ローマに行った時の写真なので、何回かブログにも載せましたが、写真店でちゃんとプリントして、額に入れて飾ると又雰囲気が変わります。
Posted by kozyken
category:日記
comment(0)    trackback(0)

法匠展
法匠展案内

法政大学建築学科の卒業生が作品を持ち寄って毎年開催している展覧会「法匠展」が今年も来週から始まります。

僕は、建築同窓会のホームページを運営している関係で、毎年取材を兼ねて見に行くのですが参加したことはありませんでした。
毎年、小島さんも出せばと言われながら、みなさんとても達者な作品ばかりで、躊躇していたのですが、今年は思い切って写真を出すことにしました。

去年ローマに行った時のサン・ピエトロ寺院の写真を出展します。
その時のサン・ピエトロ寺院はミサの準備があったらしく中には入れなかったのですが、その前にバチカン美術館で疲れ切っていたので、しばらく広場を囲むベルニーニ設計の回廊で休みことにしました。夕日がサン・ピエトロのクーポラの後ろに落ちるところを写真に納めようと待っていたのですが、結局夕日が完全に落ちるまで2時間ほどそこにいることになりました。
この2時間ほどの間、回廊の大きな柱に寄りかかって、少しずつ光の変化する様子、それによって回廊の列柱の見え方が変わるところを見ていたり、ミサの始まりを待つ人々の様子を観察するなど貴重な時間を過ごすことが出来ました。

そんな中で撮った写真を4枚飾るつもりですので、興味がありましたら見に来ていただけたら嬉しいです。

新宿の西口、エコギャラリー新宿の1階で、6月12日(木)から17日(火)まで開かれていて、私は15日(日)と16日(月)の午後に会場にいる予定です。
Posted by kozyken
category:日記
comment(0)    trackback(0)

| HOME |