久我山の家―住み続ける家
20年ほど前に東京の久我山にご夫婦お二人の住まいを設計しました。
そのお施主さんが定年退職を機に故郷へ帰ることになり、去年からその家を売りに出していましたのですが、先日そのお施主さんから無事買い手がみつかりました、と言う電話をもらいました。
若いご夫婦がこの家をとても気に入ってくれて、このまま手を入れて住みたいということでした。
何か、相談することがあれば連絡するようにと、僕の連絡先とホームページを教えておいてくれたということです。

20年間大事に住んでくれて、売却するときもこのように連絡してきてくれるのはうれしいものです。そして、持ち主が変わるとはいえ解体せずに住みつづけてくれることも、エネルギーを注ぎ込んで設計したものとしては感謝の念に堪えません。

僕は家は今回の様に住み手が変わったり、親から子へと受け継がれて住みつづけてもらうことで古くなるのではなく、成長して行くものだと考えています。
今回の話は、僕のこのような考え方を感じ取ってくれているようでうれしい限りです。

夜の外観

居間からキッチン方向を見る

居間からトップライトのある階段室を見る

ガラス張りの洗面室と、浴室、その先のバスコート
Posted by kozyken
category:住宅
comment(0)    trackback(0)

放射温度計
先日2回目の冬を迎えた市川市の「ののの家」に伺ってきました。

去年の冬はあまり寒さも感じずに快適に過ごしました、というお話を伺っていたので一度冬の様子を見せていただこうというつもりで伺いました。
しばらく前に「放射温度計」というものを購入したので、これでいろいろ測定もしてみようという理由もあります。

2階子世帯のスタディールーム

放射温度計というのは、物質の温度を測定する機械です。僕が買ったのは簡便なタイプのものですが、床や壁に向けてスイッチを押すとその部分の温度を測ることが出来ます。
冬の快適さを考えるときに室温だけを考えがちですが、実は壁や床、天井の温度も大事な要素になります。
壁や床の断熱が弱い部屋で、外気温が低い状態でエアコンをどんどんかけて何とか室温を20度に保ったとします。その時に壁の温度が13度か14度位しかないとその低い輻射熱で人体は寒さを感じてしまうわけです。逆に室温に近い温度に床、壁、天井がなっていれば、室内の温度差も少なくなり快適に感じることになります。

「ののの家」は1階にご両親が、2階に子供世帯が住む二世帯住宅で、1階は床下にアクアレイヤーという水の入った袋を設置して、深夜電力で蓄熱して暖房しています。2階は普通のエアコンが一台あるだけです。

まず1階から測定してみました。午後1時ごろで、外気温は12℃と比較的暖かい日です。
暖房は深夜電力なので朝から切れていますが、室温は22℃ありました。床の温度がやはり22℃、壁は方位によって変わりますが、22℃から18度位、天井が20度という状態でした。これはかなり理想的な状態で、お年寄りご夫婦ですが補助にと考えているエアコンも使わずに快適に過ごしていますということでした。ちなみに深夜電力を利用した床暖房の電気料金は月に5000円程度ということです。

次に2階の子世帯の方を測定しました。こちらは不思議なことにほとんど暖房なしで生活しているという話でした。
2階は日当たりが良いこともあり、この日の室温は暖房なしでも20度になっていました。この時の床の温度は20℃、壁が17.5℃から19.5℃、天井が20℃でした。これもかなり良好な状態です。

放射温度計

ちなみに写真に写っているゴムの木は竣工祝いに僕がお贈りしたものですが、その時の倍ぐらいの大きさに育っていました。部屋の環境が良いので植物も喜んでいるようでした。
Posted by kozyken
category:住宅
comment(0)    trackback(0)

上尾の家ミニ増築
今日は、お正月明けから始まった、上尾の住宅の増築工事現場へ行ってきました。

寝室の増築部分
寝室を中庭に向けて1間ほど増築するのですが、増築部分の構造体が出来上がりサッシが入っていました。

後施工用のinagon金物
真ん中にあった柱を抜いているので、このように少し大きな梁を入れて補強しています。
このような場合、新築工事のように柱と梁をほぞを彫って組み合わせることが出来ないのですが、最近は良い金物があって、下から梁を差し込んで、横からドリフトピンと呼ばれるスチールのピンを打ち込んで、しっかりと止めることが出来ます。

中庭側から見ると
外から見るとこのように中庭に向かって四角い箱のように飛び出してきます。屋根をそのまま伸ばすと、先端が低くなり、部屋の天井高が取れないために平らな屋根になっています。
元の瓦の屋根とは、ちょっと違和感があるようですが、前回取り付けた日よけのためのパーゴラをこの後かぶせることで、違和感がなくなるように考えています。

FRP防水施工中
そのフラットルーフ部分は、FRP防水を施します。現場でガラス繊維にポリエステル樹脂を塗って、ちょうどボートの船体のようなものを作ります。
この部分は、90cm×120cmほどの広さしかないので、職人さんもやりにくそうでした。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

田園調布の集合住宅地鎮祭
地鎮祭の祭壇

昨年の春から設計を進めていた、田園調布の集合住宅が今日地鎮祭を済ませて無事着工の運びとなりました。
半地下に地上2階、各階2戸で合計6戸と言う小さな賃貸住宅です。

田園調布の丘の上から多摩川に向かって急な坂道に沿った敷地で、周囲は風致地区に指定されているとても環境の良いところです。

現場近くから多摩川を望む風景

風致地区以外にも景観法の適用を受けるなど建築制限が厳しく、その手続きにも大変手間がかかるために設計にも時間がかかりましたが、無事予定通り着工出来て、ちょっとホッとしているところです。

多摩川台公園

直ぐ近くには、多摩川台公園もあります。ここは大きな前方後円墳を始め、全部で10の古墳があり、四季の緑の移り変わりも美しく、眼下に多摩川の流れを臨むきれいな公園です。

来週から本格的に工事が始まりますが、このブログでも定期的に工事の様子を載せて行きたいと思っています。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

吉田五十八の猪俣邸
昨日は友人たちと、成城学園にある吉田五十八設計の「猪俣邸」を見学してきました。

労務行政研究所の理事長を務めた猪俣猛さんという方が、1967年に建てた住宅ですが、今は世田谷区が買い取り、せたがやトラスト協会が管理をしているということです。
この日は、寒かったせいか我々以外には見学の人は一人だけという贅沢な状況で、せたがやトラストの案内の方に最初から最後まで付いていただいて、2時間ほどかけて吉田五十八の意匠を隅から隅まで十分堪能することが出来ました。

お正月に、吉田五十八の写真や図面をしっかり頭に叩き込んでおいたのですが、やはり建築は実際に見ないと解らないものです。
施主が武家のつくりが好みだったという説明にあるように、数寄屋建築の軽い感じよりも、かなりしっかりした、重みのある建築でした。

門
600坪ほどの広い敷地に100坪ほどの平屋の建物と日本庭園が配置されています。
入口にはこのような立派な門がありますが、シンプルで屋根と土塀笠木の水平ラインの重なりがきれいです。

玄関正面の引き戸
玄関入り口は紙障子風の引き戸ですが、実はガラスの和紙を張っています。壁も日本建築らしく柱の見える真壁に見えますが、この柱は実は化粧の柱でこの中に構造柱が隠れていて、大壁を真壁風に見せています。これは吉田五十八が良く使う手法で、火災や地震に弱い真壁づくりを大壁で表現する方法です。この壁は20cmほどの厚みのあるしっかりしたもので、引き戸も壁の中に引きこまれるようになっていました。

玄関から左に延びる壁
入口の壁は左の方に延びて行って途中から30度ほど角度を振って伸びて行きますが、この先がお茶室になっています。

広い玄関ホール
玄関に入るとこの様に広い空間になっています。多分来客が多い家だったのでしょう。

居間南側の庭に面した開口
玄関の間から奥に進むと広い居間につながります。南の庭に面して大きな開口部は建具が全て両脇の壁の中に引きこまれるようになっていて、部屋の内外が一体となる、気持ちの良い窓です。雨戸、ガラス戸、網戸、障子が2枚ずつ壁の中に仕舞い込まれるのでレールが8本あって、壁の厚さは60cmほどにもなります。

居間南の開口を障子を閉めると
そして障子を閉めるとこの様になります。

居間から食堂と中庭を見る
これは、同じ今の北側、食堂につながっていて、中庭があります。ここの建具も全て壁に引き込まれるようになっていて、光と風が抜ける気持ちの良いスペースになっています。

和室
居間の奥にある和室。数寄屋好みの吉田五十八には珍しく長押を回していますが、端正で美しい部屋でした。面白いことに床の間の床框の下にスリットがあって空調の吹き出し口になっています。こうゆう所にもきちっと気配りがされているのですね。

夫人室
これはさらに奥にある夫人室。洋風の部屋と和風のミックスされた不思議なインテリアです。

プライベートな茶室
この家にはお茶室が2カ所あり、玄関の南側にあるのが四畳半の来客用の茶室で、この写真は奥の方に在るプライベートな茶室と言うことでした。自分で楽しむために少し遊び心のある部屋で、壁にも大きなスサが入っていて美しい模様になっています。僕は、こちらの茶室の方が気に入りました。

まだまだ見どころがたくさんあって書ききれないほどですが、1月は庭の保護なために庭園内を歩くことは出来なかったので、春になったらもう一度見に来たいと思いました。
Posted by kozyken
category:住宅
comment(0)    trackback(0)

ミニ増築
一坪分の基礎工事

今月から上尾の家で増築工事が始まりました。

この上尾の家は、7年前に家の半分を大規模な増改築を行い、3年前に残りの半分の改築工事を行いました。そして今回は7年前に改築した部分の寝室を一坪ほど増築するという本当に小さな工事です。
寝室は書斎コーナーを含めて10畳ほどの広さで、ここにご夫婦のシングルのベッドを2台入れているのですが、これをダブルベッド2台入るように広げたいというのが今回の増築工事です。

ほんの一坪ですが、実際には基礎工事から始まって、新築工事と同じ一通りの工程が入りますから意外と大変な工事になります。
設計の方も既存との取り合い、構造の補強も含めて一通りのきちっとした図面が必要になります。
現場も見ておかないと不安なところもあり、今月1か月の工期ですが上尾まで通うことになりそうです。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

吉田五十八の住宅
吉田五十八の本

今年は年末年始の休暇がカレンダーと重なったため、今日4日までお休みで明日から仕事始めという方が多いと思います。
僕もその例で、たっぷり8日間の休暇を取って明日から仕事始めとなります。

この8日間はお天気にも恵まれて穏やかな日々でしたが、例年のようにどこにも出かけず、一日音楽を聴いたり、本を読んだり、借りてきたDVDで映画を見たりといたってのんびりと過ごしていました。

そんな中で、吉田五十八という建築家の本を少し丁寧に読んでみました。
吉田五十八という人は戦前から活躍して1974年に亡くなった建築家で、和風の住宅を数多く残しています。吉田五十八のデザインは新興数寄屋とも呼ばれて、和風の住宅にモダンな感覚を持ち込んだ作風として知られています。

読んだ本の一つは、ヘヴンリーハウスというシリーズの中の「吉田五十八自邸」で、去年法政大学を定年退職した建築家、富永譲さんの最近の著書です。
実は僕が法政大学建築同窓会の理事をしている関係で、去年の春に富永先生にセミナーの講師を依頼するためにお会いしたときに、この本を執筆中というお話を伺っていました。富永先生はコルビュジェの研究でも有名な方なので、吉田五十八とどう結びつくのかちょっと意外な感じがしました。しかしこの本を読んでみてその理由がよく解りました。

丹下健三に代表される日本の建築家は、ある時期、コルビュジェなどの西洋の新しい建築様式に大きな影響を受けます。そしてその中にいかにして日本人としてのアイデンティティーを見つけるかということに苦労するわけですが、吉田五十八はその逆の方法を取った数少ない建築家と言えます。
吉田五十八のつくる住宅は、畳と塗り壁と障子というどこをとっても日本的な素材で作られていますが、その日本的な素材でいかに現代的な表現をするかということが追及されています。
僕は実際の作品としては、葉山にある画家の山口蓬春邸しか見ていませんが、そのモダンな感覚と、研ぎ澄まされたディテールに随分感心した覚えがあります。

富永先生の本だけでは写真や図面が足りないので、本棚から20年ほど前に読んだ「数寄屋造りの詳細―吉田五十八研究」という本をひっぱり出してきて再読しました。この本には詳しい図面が載っているので、その設計の緻密なことが良く理解できます。

お正月には、なんとなく日本的なものに目が行くということもあるかもしれませんが、表面的なデザインや、素材の次元を超えて、デザインの根底には日本人としての自覚が必要なのだと改めて考えさせられるものが吉田五十八の住宅にはありました。
Posted by kozyken
category:住宅
comment(0)    trackback(0)

| HOME |