わたしの名は紅
わたしの名は紅

今年最後の読書は、トルコの作家、オルハン・パムクの「わたしの名は紅」でした。

2006年にパムクがノーベル文学賞を取った時に興味を持って読んでみたのですが、再読してみました。
2006年は村上春樹がノーベル文学賞を取るのではないかという噂が初めて出た年でした。僕も大いに期待していたのですが、期待に反して僕の知らないトルコの作家が取ったということで、興味をひかれて本を買いました。

読んでみて、なぜこの作家が賞を取ったのかがすぐに解りました。
ノーベル文学賞は、欧米以外の作家の場合、その国の文化、政治等に深く関わった作品、作家に送られることが多いと僕は感じています。村上春樹という作家は、その意味では全くノーベル賞向きではないと言えます。その後毎年噂には上るのですがいまだに受賞していません。そのこと自体は村上春樹の小説の価値とは関係のないことで、すでにフランツ・カフカ賞や、イスラエル賞を取っていることからもわかるように海外でも高い評価を得ていることに間違いはなく、なぜかノーベル賞向きではないということなのでしょう。

それに対して、オルハン・パムクの小説はトルコの歴史、文化と深くかかわっています。日本の明治時代もそうでしたが、多くの国で近代化という言葉は欧米文化の模倣という側面を持っています。夏目漱石が日本の近代化、欧米化と日本固有の文化との相克の中で悩んでいたように、パムクの小説には常に偉大なオスマン帝国の文化と、近代化とともに押し寄せるヨーロッパの文化とのはざまで悩む人々が描かれています。

この小説は16世紀のイスタンブールで、伝統的な細密画を書いている工房の名人たちにスルタンから、西洋の遠近法を取り入れた画法で書くようにという注文が来たことから起きる様々な事件を描いています。そこから起きる殺人事件を巡るミステリーに、主人公カラとシェキュレの恋の話が絡んでゆきます。作家になる前は画家を目指していたというパムクの絵画に対する詳細な記述によって物語は深みを増しているように思えます。(少々煩雑な感じもしないでもないのですが)

もう一つパムクの小説の特徴として、イスタンブールという町に密接につながっているところがあると思うのですが、僕は2年前にイスタンブールを訪れていることも、9年前に読んだ時よりも理解を助けていることと思います。舞台は500年前ですが、旧市街に限って言えば今もそんなに変わっていないように思います。

実は今年はパムクの本をいくつか読んでいます。イスタンブールと言う町と、自身の幼少期から作家になるまでの変遷を描いた「イスタンブールーわが町」、雪に閉ざされた地方都市で起こった原理主義者と改革派の争いを描いた「雪」(なぜかカフカの城を思い起こさせます)、そしてイタリア人の奴隷とうり二つのその主人の物語「白い城」。
まだ読んでいない作品もあるので、来年も続けて読んでゆきたい作家のひとりです。
Posted by kozyken
category:
comment(0)    trackback(0)

鶴巻町の家、大井町の家、再訪
昨日は11年前に竣工した早稲田鶴巻町の家と、9年前に竣工した大井町の家に用事があって伺いました。

早稲田鶴巻町の家外観

鶴巻町の家は、2週間ほど前の大雨の時に少し雨漏りがあったということを聞いて見に行ったのですが、原因の検討を付けて、年が明けてからもう一度工務店の担当者と伺うことにしました。

リビングルーム

リビングから階段を見る

この家は、コンクリートの打ち放しとシナ合板のインテリアなのですが、シナ合板が少し焼けていい色になってきていました。
お茶をいただきながら、久しぶりなのでいろいろとお話を伺いました。ご夫婦ともこのシナ合板の仕上げと、無垢のフローリングがとても気に入っているということでした。キッチンのカウンターに使っているシナの集成材がだいぶ傷が目立ってきたということなので、サンドペーパーをかけてクリアー塗装を塗り直せばきれいになりますよとお話ししたのですが、ご主人は年月を経て無垢の木が古びてくるところが気に入っていると言います。
こういうお話を聞くと、思わずうれしくなって相槌を打ってしまいますね。

午後から大井町のお宅へ。こちらは、カーテンを取り換えたいので相談に乗ってほしいというお話で伺いました。

大井町の家、玄関ホール

玄関を入ったところに、新しく買われたチェストとクリスマスツリーが置かれていました。居間のテレビ台の家具、ダイニングテーブルなどと一緒に、青山にあるお気に入りの家具屋さんで買われたそうです。

大井町の家、音楽室

ピアニストの奥様のための音楽室には、今年の春に作った大きな本棚があります。楽譜や美術書などの大型の本が入るように作ったものですが、とても便利に使っていますということでした。
竣工からたった9年の間でも、家族構成が変わって改装工事を行ったり、少しずつ家具がそろってきたりと住宅は変化してゆくものですね。そのようにして、家族とともに住まいが成長してゆくのを見ることは、設計者としてはとてもうれしいものです。
Posted by kozyken
category:住宅
comment(0)    trackback(0)

クローンタイルの取材
この前、上野にあるビルの改修工事でクローンタイルというものを使った話をしましたが、丁度今、以前書いた建築材料の本が改訂版を出すことになったので、その本の巻頭特集に掲載する予定で静岡のヤグチ技工という会社へ取材に行ってきました。

静岡の三島駅までヤグチ技工の社長の矢口さんが直接迎えに来てくれました。車の運転をしながら、すぐに話が始まってそのまま取材につながるという感じで話好きでいかにも積極的な人柄の人でした。

ヤグチ技工はもともと、ビルやマンションの改修工事を行う会社でした。10年程前にビルの改修工事で現場のタイルに合わせて焼成したタイルが張っているときは気が付かなかっとそうですが、足場から降りて下から見上げると明らかにそこだけ色が違って見えることが気になったということです。もともと絵を描くことが得意だった矢口さんは、塗料と筆を持ってもう一度足場を上り、そのタイルに何度も色合わせをして、どうにか違いが判らないレベルまで修正することが出来たということです。
その時は、塗料の耐久性も信頼できるものではなく、これが製品化できるとは考えていなかったそうですが、その後耐候性無機塗料が出てきて耐久性にも目途がついたので5年ほど前から製品として作り始めたということです。

ヤグチ技工での取材風景

本社の社長室でサンプルを見ながらいろいろとお話を伺ったのですが、ユニークなのはすでに廃番になっていてしかも複雑な形状をしたタイルの場合、現物からシリコンで型を取りそこに樹脂を流し込んで原版を作り、それに先ほどの特殊塗装を施して本物そっくりのタイルを作る技術です。これは手で曲がるほど柔軟性のある樹脂なので、下地のコンクリートにクラックが入っていても、再びクラックが入る心配がないということでした。触ってみると一見タイルなのにやわらかいという不思議なものでした。

樹脂で作った原版と、塗装を施した完成品

年々注文が増えて、現在月産8千枚ほどを、社長も含めて4人の職人で作っているということですが、これ以上職人を増やすことも、仕事量を増やすことも考えていないということでした。
建築の世界は、製法が一般的に普及して同業者が増えれば後は値段のたたき合いになってしまい、薄利多売の世界になってしまいます。それよりは、小さな規模で、自分の納得のゆく仕事を続けたいという考えのようでした。難しい選択でしょうが、これは一つの見識だと同感しました。

工場で塗装をかけている職人さん

塗料の乾燥室

この後、山の中にあるいかにも手作りの工場も見学させてもらったのですが、この日の取材で一番興味深かったのは、この社長の矢口さんという人物だったのかもしれません。
僕たちはいつも建築の設計という狭い世界で仕事をしているので、今回のように少し違う分野の人と話をする機会はとても良い刺激になります。
Posted by kozyken
category:建築
comment(0)    trackback(0)

| HOME |