「立原道造の夢見た建築」
立原道造の夢見た建築


僕の大学の後輩にあたる種田元晴さんが「立原道造の夢見た建築」(鹿島出版会)という本を出版したので読んでみました。彼は建築の歴史を専門とする若き研究者です。

立原道造は詩人として有名なのでご存知の方は多いと思いますが、彼が建築家であったことを知っている人は少ないのではないでしょうか?その建築家としての立原道造に焦点をあてて書かれたのがこの本です。

著者である種田さんは、立原の建築作品、そのためのスケッチ類、詩作のみならず、絵画友人たちとやり取りした書簡等を丁寧にしらべて、彼の生涯を浮き彫りにしています。
立原道造は24歳という若さで夭折していて、建築家として活躍したのは学生時代と卒業後就職した石本喜久治建築事務所を合わせてもたった4年間という短い期間でした。
立原が筆まめで、短い生涯に多くの文章を残しているとはいえ、著者にとってこれだけの内容の本を書くのは並大抵の努力ではなかったはずと感じました。

どちらかと言えば地味なテーマのこの本を読者に最後まで読ませる文章力にも感心させられました。

80年ほど前のこととはいえ、すでに歴史の中に埋もれて、綿密な調査をしても解らなかったことも多かったはずです。この本の魅力の一つはそのような未知のことに関して著者が縦横に想像力を発揮して、読者を納得させる文章にあると思います。
それは、立原の「無題{浅間山麓の小学校}」の透視図とセザンヌのサント・ヴィクトワール山との類似に及ぶくだりや、同じ「浅間山麓の小学校」と丹下健三の「大東亜建設忠霊神域計画」との比較などに大きくみられるのですが、もっと些末な部分にもいたるところに見られます。
例えば、追分に滞在しているときにはじめて一学年下の大江宏と会ったことを友人にあてた手紙の中で、最初は「大江さん(父の新太郎)の子供が来ているよ。宏って建築の人」と、他人行儀に語っていながら、1か月後に大江宏が帰った後には、「昨日、大江宏君が、東京に帰って行った」という言い回しから、著者はどこか祭りの後のような寂しさを感じると書いています。この1か月の間の立原と大江の交流を示す資料が何もなくとも読者には、一瞬にして二人の関係を想像させる卓越した表現ではないでしょうか。

この本の中に現れる、多くの人々と立原との関係の中にこのような場面が数多く用意されていて、それがこの本を無味乾燥な研究書以上のものとして、読者を最後まで引っ張ってゆく力となっているのだと思いました。
Posted by kozyken
category:
comment(0)    trackback(0)

「ののの家」訪問

昨日は3年前に竣工した市川市の「ののの家」に伺ってきました。

スタディールーム

家の中はとてもきれいに住まわれていましたが、中でもうれしかったのはこの写真の風景です。
ここはスタディールームと呼んでいる部屋です。長さが4mほどある長いカウンターがあり、その反対側には大きな本箱が作りつけられています。
ここでは家族4人が好きなように本を読んだり、パソコンを操作したり、絵をかいたりすることを想定して設計したのですが、その予想通り、男の子はカウンターで大好きな恐竜の絵を描いていて、女の子はハンモックで本を読んでいました。
こういう景色を見ると設計者としてはついニンマリとしてしまいます。

ステーキプディング

この日はご主人手作りのイギリス料理ということで、ステーキプディングにワタリガニのスパゲッティ―をいただき、これまた自家製のビールでついつい長い時間話し込んでしまいました。
Posted by kozyken
category:住宅
comment(0)    trackback(0)

川崎の複合ビル―試験杭
先週の木曜日と金曜日は現場の試験杭の立ち合いに行ってきました。

今回の現場は地盤が弱く、コンコリーとの3階建てなので建物を支える固い地盤まで杭を打つ必要があります。
地盤調査のデーターに基づいて、構造計算の上、杭を選定しているのですが、地盤の深いところはどうなっているのかじっさいには解らないところもあり、杭を施工する初めに、建物の四隅の4本の杭を設計者が立ち合いの上で打設して問題がないかどうか確認するものです。

杭の長さの確認

杭先端の羽の径を確認

最初に、現場に搬入された杭の長さ、太さ、鉄の肉厚の確認などの製品検査を行います。
今回使用される杭は、鉄管のスクリューパイルと呼ばれるものです。
先端がこのようにスクリューのような恰好をしています。このスクリューの部分は直径が80cmほどあり厚さが32mmもあるしっかりしたものです。建物の重さを支える部分ですからしっかりしているわけですね。

1本目の杭のセット

検査が終わると杭を機械にセットして、正確に所定の位置に垂直に入るようにして、回転しながら地面に打ち込んでゆきます。先端がスクリュー状なので回転しながら地面の中に進んでゆくわけです。

杭の接合

接合部分の溶接

今回の杭は長さが32mもあります。当然一本で運搬することも、機械にセットすることもできないので、5mほどの長さにカットしたものをつなぎながら打設してゆきます。つなぐ部分はご覧のように溶接してつなぐのですが、ここも大事な部分なので溶接が終わってから、問題がないか検査をします。

杭の打設風景

離れてみるとこのような格好で地面の下32mまで杭を差し込んでゆくのです。
現場は予定よりも支持する地盤が若干浅かったのですが、問題なく4本の杭が支持地盤の中に入っていることを確認しました。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

コンクリート試験練
昨日は川崎の現場で使用するコンクリートの試験練の立ち合いで、コンクリートプラントへ行ってきました。

建物に使用するコンクリートは設計のときにその強度を決めておきます。
コンクリートはセメントと砂と砂利と水そしてコンクリートの打設のときの動きを調整するための少量の薬品を混ぜることで出来上がっています。さらに、セメントの量と水の量の比率は強度だけでなく耐久性能にも影響するので、セメントの最低量、水の最大量の制限なども設計のときに指示するようにしています。]

コンクリート配合計画書

その設計書を元に、コンクリートプラントからコンクリート配合計画書というものが出てきて、どのような割合で各素材を混ぜれば、設計の指示通りのコンクリートになるのかがここに書かれています。
コンクリートの配合に関しては、計算でその強度が出てくるのですが、実際にその配合で指定の強度になるかどうか試験をするのが試験練です。

初めに各素材が指定の量になっているかどうか正確に重量の測定を行います。
各資材の計量

計量後の確認写真

軽量の終わった素材を小さなミキサーの中に入れて攪拌します。
材料の攪拌

出来上がったコンクリートを器具を使って、柔らかさ(スランプと言います)、含まれる空気量、温度、塩化物の量などを測定します。
同時に強度試験をするための試供体を6本作ります。この試供体は1週間後に3本、4週間後に3本を、機械にかけて破壊するのですが、4週目のコンクリートが破壊されるときにかかっている力が4週強度と言われるもので、設計強度以上になっていればOKということです。
スランプ試験

スランプ試験と試供体

ここで作った試供体は公的な機関で破壊試験を行って、結果の報告書が届くことになっています。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

第19回法匠展
会場風景

法政大学建築学科の卒業生による美術展、「法匠展」が今日から9月18日(日)までの会期で始まりました。

展示された卒業生の作品

建築学科の卒業生が、普段の建築の仕事から離れたところで、趣味の絵画や彫刻などを持ち寄って、行われる展覧会で、今年で19回目になります。

卒業生だけでなく、在校生の作品も何点か展示されています。

空気庵

茶室なので中にも入れます
これは、「エアー茶室『空気庵』」と名付けられた学生たちによるインスタレーションです。身近にあるゴミ袋をつなぎ合わせて、空気を吹き込んで膨らませるとこんな形が出来上がります。中に入ると何とも柔らかな、ふんわりとした包まれ感があって、楽しむことができます。

「大江宏賞」受賞作品
これは、去年の大学院卒業生の卒業設計で最優秀として「大江宏賞」受賞した作品です。

制作中のヴィオラ
これは、毎年感心するのですが、弦楽器を自作している朝吹さんという方の作りかけのヴオラです。去年はヴァイオリンを、その前はチェロを制作して、今週の土曜日の午後2時からは、このヴァイオリンとチェロを使っての朝吹夫妻によるミニコンサートも会場で行われるので、興味のなる方はぜひおいで下さい。

僕は、去年と同じくイタリアで撮影してきた写真を展示しています。こちらもぜひ見ていただけたら幸いです。

会場は、新宿西口の中央公園内にある「エコギャラリー新宿」です。
詳しくはこちらをご覧ください。

Posted by kozyken
category:日記
comment(0)    trackback(0)

施工図のチェック
川崎の現場は先週安全祈願祭を行いましたが、現場から詳細な施工図が出てきたので、そのチェックに追われています。

チェック中の施工図

前にもここで施工図のことに触れましたが、その時に相談した内容を取り入れて、コンクリート躯体の施工のための詳細な図面が出てきました。

基礎の施工図

基礎の断面施工図

階段の施工図

今回は、建設会社側に施工図を専門に書く人がいて、さすがプロで、よくこちらの設計図を読み込んで詳細な寸法を書き込んだ図面になっていることに感心します。書き込まれた寸法は全て間違いがないかチェックしてゆかなければいけないので、なかなか神経の磨り減る作業です。
5枚ほどの大きな図面をすべてチェックしましたが、細かい所の勘違いや、あとからこちらで一部変更しているところなど以外はほとんど間違いはありませんでした。

この躯体の施工図以外にも、電気関係の施工図、給水排水などの設備関係の施工図もこれからチェックしてゆきます。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

川崎の複合ビル―安全祈願祭
今週の木曜日に、解体の終わった川崎の現場の安全祈願祭を行いました。

現場近くの天満天神社

工事の着工に当たっては敷地で地鎮祭を行うことが一般的ですが、今回は現場に機械類が入って足場が悪いので、ご近所の神社で安全祈願祭という形で行いました。
やることは地鎮祭とほとんど変わりませんが、鍬入れなどの儀式がなく、参加者で玉ぐしの奉納を行いました。
ちょうどインターンに来ている学生のM君に模型を作ってもらったので、その模型も祭壇に置かせてもらってお祓いをしてもらいました。
地鎮祭にしても安全祈願祭にしても、土地の神様に工事の安全と建物の完成をお祈りすることが本来の趣旨ですが、もう一つは、お施主さん、工事関係者、設計者が気持ちを引き締めて、いよいよ工事が始まるというけじめという意味もあります。

式の後で、お施主さんの計らいで近くで全員で食事をごちそうになりました。食事の間に会話を交わして、お互いを知ることも工事の始まりとして大切なことだと思いました。

現場は解体工事が終わったのですが、実はまだ地中に埋まっている杭を引き抜く作業が残っています。既存の杭は地中32mぐらいまで打ち込んであるので、引き抜くのは大変な作業です。成るべく新しく打つ杭とこの既存の杭が干渉しないように工夫をしているのですが、それでも4本はどうしても抜かなくてはならず、昨日から一日1本の予定で作業に入っています。

杭の引き抜き工事の準備

ケーシングを打ち込む作業中

写真のようなケーシングと呼ばれる筒を、引き抜く杭の周りに打ち込んでから、杭を回転させながら抜いてゆきます。
昨日は回転させながら抜いている途中で杭が折れてしまい、大変苦労したようですが、何とか1本目をすべて抜き終わりましたという連絡が現場よりありました。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

| HOME |