戸田交響楽団の演奏会に行ってきました。
toda.jpg

昨日の日曜日は、地元埼玉県の戸田市文化会館で開催された、戸田交響楽団のコンサートに行ってきました。

6年ほど前に設計した家のお施主さんが、音楽が好きで、数年前から先生についてヴィオラの練習をしていたのですが、去年からこの市民交響楽団に入団して活躍しています。その方からチケットを送っていただいたので聴きに行ってきました。

曲目は、前半がチャイコフスキーと、ストラヴィンスキーのバレエ音楽、後半がチャイコフスキーの交響曲第5番でした。
普段僕が聴く音楽とは少し違いますが、久しぶりに生で聞く演奏を楽しんで聞かせてもらい、少し優雅な気分に浸ることが出来ました。

ストラヴィンスキーのバレエ音楽は金管楽器の響きがきれいですね。そして、管楽器と弦楽器のアンサンブルがとても良いと思いました。
確かストラヴィンスキーの言葉だったと思いますが、「演奏会場で目をつむって音楽を聴くのは間違っている、せっかくコンサートに来たら演奏の様子を見て、目と耳と両方で音楽を楽しむべきだ」と書いてあったのを思い出しました。
そうやって目で見ていると、どの楽器がどんな演奏をしているのかがよくわかり、音楽を聴く楽しみが倍増するように感じます。

やはり、生で聞く音楽はいいですね。
Posted by kozyken
category:音楽
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/1002-219b7ebb
trackback