川崎の複合ビル―照明の確認
川崎の現場は前回お話ししたように、消防の検査と確認機関の仮使用検査も無事終了して、先週はお施主さんと設計事務所による検査も終わりました。

今週は、その施主検査での指摘事項を修正して、週末にはいよいよ1期工事部分の引き渡しとなります。

ここのところだいぶ日が長くなり、午後から現場に行っても暗くなるまでいることがありませんでした。そこで、住宅部分の照明の雰囲気が暗くなってからどんな具合か気になって、昨日は暗くなる時間帯に現場へ行ってみました。

isi06241.jpg

特に居間の部分は、工事中に大幅に照明の方法を変えているのでちょっと気になっていました。

居間は、南側に向かって、居間の幅いっぱいの開口部があり、ここのカーテンボックスの上に端から端までライン上のLED照明が仕込んであります。この照明は勾配を持った天井を照らして、その反射で居間全体を明るくするように、いわゆる間接照明となっています。
この照明器具は1本でも相当明るいので、本数はもっと減らしてもよかったのですが、ラインがつながっていないと影ができてきれいに見えないので、調光器を付けて、明るさの調整ができるようにしておきました。そして、間接照明なので、頭の中では光の分布をイメージしているのですが、実際の光の届き具合、明るさの感覚が想像通りかどうか確認しておきたかったのです。

実際に暗くなってから照明を点灯してみると、ほぼイメージ通りになっていました。
間接照明とはいえかなり明るいので、調光器で半分ほどに絞って丁度良い感じでした。

もう一つこの照明器具の優れているところは、スイッチで光の色を変えることができるのです。夜は電球のような少し赤みのかかった色に、日中明るさがほしい時は外の光に近い白っぽい色に変えることができます。
最も、この部屋は窓が大きく曇りの日でも十分自然光で明るさが取れるので日中に照明をつける必要はあまりないのかもしれませんが。

isi06242.jpg

isi06243.jpg
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/1013-a81fd346
trackback