宮脇檀の住宅見学
先週は、僕の恩師である建築家、宮脇檀先生の設計した住宅「中山邸」の見学会に参加してきました。

竣工してから30年ほどたっているのですが、住まわれていたご夫婦が高齢のため家を手放すことになり、この見学会を開いてくれたものでした。このようなことでもない限り、個人の住宅は、なかなか見学の機会はないので、貴重な体験でした。

埼玉県の安行という、植木で有名な町にあるこの住宅は、もともとこの土地の有力者の家があった土地で、この建物ができた30年前には、大きな長屋門と、敷地の周りを取り囲む環濠があったそうです。

その広い敷地に、コンクリートと木造の混構造で、軒の深い瓦屋根の載った、大きな住宅でした。
瓦屋根と深い軒と言えば、和風のデザインですが、ベタな和風にならないところが宮脇流です。雁行して部屋がつながってゆくプランは、このゆったりした庭との関係を考えて、内外を繋ぐ開口部の開け方に特別な注意が払われているようでした。

瓦の載った門をくぐると長い屋根のかかった玄関のアプローチにあたります。

naka1_20170730191518368.jpg

その横を回るとメインの庭に出ると、雁行するプラン、瓦の乗った屋根のつながりの家の全貌を見ることができます。

naka2_20170730191519264.jpg

コンクリートの壁は幅の広い横の目地が、なんとなく蔵のような感じがします。大谷石を連想させるからでしょうか。

naka3_201707301915228cb.jpg

これはご主人の書斎です。

naka4.jpg

居間は、南側のメインの庭、北側の庭、東側の食堂前の中庭に面しいます。暖炉があって、居心地のよさそうな部屋でした。ソファとイージーチェアーはコルビュジェのデザインのものが使われています。

naka5.jpg

naka6.jpg

キッチンは、使いやすそうなレイアウトで、隣に家事室、主婦のカウンターがあり、玄関からも繋がって回遊同線のプランで、この辺も宮脇さんの神経が行き届いています。

naka7.jpg

今はなくなっていますが、竣工当時は敷地の周りに環濠があると聞いて、僕が学生時代に、宮脇ゼミで調査に行った大和郡山の環濠集落「稗田」を思い出しました。あの稗田の環濠越しに見える風景が、この住宅の設計中にどこかで宮脇さんの頭の中によぎったのではないかと想像しました。

naka8.jpg
Posted by kozyken
category:住宅
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/1018-1d494f29
trackback