台湾で見たもの―その5 緑光計画
今回、台湾のリノベーション例を見て歩いた中で、一番面白かったのが台中の緑光計画でした。台北で見た大規模な文創エリアと比べるとずうっと規模が小さく、手作り感の残るもので、そんなところにも親近感を抱いたせいかもしれません。

台中の繁華街にある台中市民広場から南に向かって公園のように伸びる「草悟道」というグリーンベルトの途中から西側に一歩入ったところにあります。
建物は元は水道局の宿舎だったそうですが、廃屋に近い状態になっているところをリノベーションして、レストラン、カフェ、美容院、手作りのお店などが入る施設となっています。

ryokou1.jpg

ryokou2.jpg
道路側から見ると、すっかり緑に覆われて、昔のレンガの壁などを残しています。
たぶん、宿舎時代に道路との間が庭になっているところを鉄骨で増築してその二階部分を広いテラスと通路にしているのではないかと思いました。

ryokou3.jpg

ryokou4.jpg

ryokou5.jpg
一歩中に入ると、その増築部分がところどころ吹き抜けになっていて、上から光が降り注ぎ、植物が育成できる環境にもなっているところが、なかなかうまい手法です。

ryokou6.jpg

ryokou7.jpg

ryokou8.jpg

ryokou9.jpg
二階レベルのテラスからは各店舗にアプローチするようになっているのですが、テラスの幅に変化を持たせて、緑化面積も広いので地上にいるような感覚になります。

ryokou10.jpg
もともとあった樹木を極力残しているのだと思いますが、階段の手すりもこのように木の幹を避けて作ってあるところもニクイですね。

古い建物に最小限の手を加えることで、昔の雰囲気をなるべく残すようにしているのと同時に、建設費を抑えて、家賃を低く抑えることで若い人達が借りやすくしているのではないかと思います。そのことがかえって、資金はないけれどやる気がある若者を集めて、とても魅力のある施設になっていると思いました。
Posted by kozyken
category:建築
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/1031-cf77e1f9
trackback