リフォームの現場へ
今日は午後から新しく始まったリフォームの現場へ行ってきました。

築40年、45坪ほどの広さの家を、内部をほぼ解体してやり直すので、かなり大掛かりなリフォームになります。

内部の解体が終ったところで、まずは、現場監督、大工さんと現場を見ながら、補強工事の確認をして行きます。
40年経っている割には、土台、柱、梁などの構造部材は全く痛んでいません。
しかし、梁や根太などは、かなり細い。設計中からある程度はわかっていて、図面で補強の方法や、取り替える部材は、指示してあるのだけれど、解体してみるとその通りになっていないところもあり、現場で確認しながら、訂正してゆく。
新たに補強の梁を入れたり、鉄骨で補強したりしています。
40年前の建物なので当然、今のようなホールダウンや接続金物もないので、全て取り付けるように図面を見ながら確認しました。

その他、電気屋さん、水道屋さん、サッシ屋さんなどと打ち合わせもあり、打ち合わせが終る頃には、外は真っ暗になっていました。

2階床梁
小屋裏の構造
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/145-bfe85678
trackback