リフォームの現場
昨日は新宿区の上落合で工事中のリフォームの現場へ行きました。

1階の床が全部剥されて、2階の床も半分ほど、根太の取替えが進んでいます。元々の根太がスパンの割りに細く、床がたわむ傾向があったので、一回り大きな根太に全て変えるようにしています。

2階根太


1階の床下は、防湿のコンクリートが打設されています。40年前の工事にしては、珍しいというか丁寧な工事だと感心しました。おかげで、床下の木材も全く傷んでいません。

ホールダウン

金物を色々と取り付けるように図面で支持しているのですが、この日はホールダウン金物を、元々の基礎に、ドリルで穴を開けて、ケミカルアンカーと言うものを使いボルトを基礎に打ち込む作業をしていました。
その他、古い建物ではアンカーボルトが少ない場合が多いので、30本ほど、やはりケミカルアンカーで打ち込むように図面では書いてあるのですが、現場で必要なところを指示してゆくと、20本ほどで済みました。
比較的、アンカーボルトもしっかり入っているということですが、それでも、今の基準から考えるとやはり少ない。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/149-7c3a32f8
trackback