基礎の配筋を見に
基礎


今日は、朝からリフォームの現場へ打ち合わせに行きました。

大工さんを交えて、解体の手順と構造の補強の方法を打ち合わせ。内部の間仕切りを大幅に変えるようなところがあるので、柱を取ったり、加えたり、鉄骨を入れて補強したりと、色々あります。こちらで、補強用の鉄骨の工作図を画いて渡し、監督さんと大工さんに、考え方を説明。

増築部分の基礎、鉄筋が配筋されて、アンカーボルトもセットされていたので、これを図面と比べて、間違いがないかチェック。既存の基礎と取り合うところには、ケミカルアンカーと言うものを打ち込んで、鉄筋をつなげて、基礎が一体になるようにしています。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/15-53400aab
trackback