永福町の家-天井野縁
今日は午後から永福町の現場へ行きました。

あいにくの雨で、現場は寒かった。もっとも、職人さんたちは一日この寒さの中で仕事をしているのだから、こんなことで寒がっていては申し訳ない。

外観

現場は、外部で、先週の防水通気シートを張ってあった上にタテ方向の胴縁を留めて、モルタルの下地になる合板を貼ってありました。このタテ胴縁が通気を取る部分になるわけです。
柱の上に耐震面材を張って、防水通気シート、通気の為のタテ胴縁、合板、防水紙、モルタルと壁が何重にもなって、少しオーバーな感じですが、モルタル壁で通気を取ろうとするとこのようになる。その分ずい分丈夫になることは間違いがないと思います。

天井野縁

外部が大方、形が付いたので、大工さんは内部の天井の下地(天井野縁)を取り付けていた。

ヘッダー

2階の水周りの床下になる部分では、2階への給水、給湯の配管が、ヘッダーから分かれて取り付けられている。ここのトイレの排水は、下の階に音が響かないように、防音材が巻かれています。

コネクター

ヘッダーから来た配管は水栓器具の前でこのような砲金製のコネクターに取り付けられる。
サヤ管ヘッダー方式と言う配管の方法は、ずい分ポピュラーになって、従来の方式と比べて、格別コストアップするわけではないのだけれど、このコネクターが結構高いらしい。
高いだけあって、しっかりした感じがしますが。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/162-27db70fc
trackback