雑誌の取材-小金井の家
昨日は、雑誌の取材があって、去年の秋に竣工した、小金井の家に行って来ました。

雑誌の表紙に使いたいということで、編集、カメラマン、助手さん、ライターに加えて、表紙のレイアウト担当のデザイナーと、大勢のスタッフで3時間ほどの撮影と取材でした。

撮影風景

なぜ、デザイナーの人まで現場に来るのか疑問だったのですが、レイアウトされる文字の色と写真の色が重ならないように、現場でデザイナーとカメラマンが相談しながら、写真の構図を決めているのを見て納得しました。

そのデザイナーの方が、「この家に入ったときに、懐かしい気がしました。いつか来たことがあるようなデ・ジャ・ブを感じたんですよ」と言われました。
これを聞いて、ちょっと嬉しい気がしました。こんな家は見た事がない、と言われるよりも、初めてなのに前から知っている家のような気がする、と言われる方が、僕が目指している住宅に近いと思うからです。

玉川上水

帰りに、小金井公園に止めてある車まで戻る為に、玉川上水の上の歩道橋を渡りました。
夏の間は木々の葉が茂って、下を流れる水は見えなかったのですが、すっかり葉が落ちて、水の流れが見えるようになっていました。
Posted by kozyken
category:住宅
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/166-3398deed
trackback