リフォームの現場-防音工事
昨日は、今年最後の現場打ち合わせと言うことで、午前中はリフォームの現場へ行って来ました。

ロックウール吸音材

この家は、2階を賃貸として人に貸す予定なので、それなりの防音を考える必要がありました。
現場では、そのための天井裏に吸音用のロックウールが入れられていました。
これは、断熱用のロックウールとは違って、密度の高いボード状のもので、5cmの厚さがあります。

防音ボード

2階では、床の合板の上に防音ボードが一部貼られています。このボード、かなりの重さがあります。
この重さで、音を遮断するわけです。この上にもう一度12mmの合板を貼って、リノリュームを張る予定になっています。

耐震石膏ボード

1階は、防音のこともあって、壁の耐震補強に構造用合板を貼って、さらに石膏ボードをは仕上げるようにしているのですが、2階の壁は、そこまでの必要がないので、耐震補強に使用できる石膏ボードで、補強しています。
このボードは、今回初めて使ってみたのですが、普通の石膏ボードと比べて、かなり重量があります。ガラス繊維で補強された石膏ボードと言うことですが、専用のビスで細かく留めてゆくことで、構造用合板と同じ様な強度を出すことができると言うことです。

午後から、事務所に帰って、軽く大掃除をして、今年の仕事納め。

今年はなんとなく慌しい一年だったけれど、来年はもっと落ち着いて仕事をしたい。とは毎年思っていて、中々そうは行かないのですが。

ブログを読んでいただいてる方、今年一年は本当にありがとうございました。来年もまた、よろしくお願いいたします。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/167-326ede00
trackback