永福町の家-モルタル塗り
今日は午後から永福町の現場へ行きました。

外壁モルタル

現場は先週の土曜日に来たときに、外壁のモルタルが下塗りまで出来ていたのだけれど、今日は丁度上塗りの仕上げに入っているところでした。
すでに半分ぐらいが仕上がっていて、玄関廻りもきれいになっています。
だいぶ建物らしい感じになってきました。今月末には、この上に仕上げ材が吹き付けられて、足場をはずす予定。
足場が外れて、外観が見渡せるようになるのが楽しみです。

既調合モルタル

写真はモルタルを練る機械。モルタルとはセメントと砂と水を混ぜて練ったものだけれど、最近は、現場で調合せずに、すでに調合された軽量モルタルを水だけ入れて練っている。このほうが製品として安定していて、ひび割れなどもしにくくなっている。

気密シート

内部では、大工さんが少しずつ工事を進めていて、2階の居間の、斜め天井の下地の野縁を取り付けているところ。
野縁の上に見える黄色いシートは、気密シート。ここでは断熱材の上で通気を取っているので、断熱材の下に気密シートを張って、室内の気密性を上げるようにしています。

今日は家具屋さんの木戸君にも来てもらって、キッチンの家具などの打ち合わせをしました。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/176-86aee06f
trackback