福翁自伝
福翁自伝

福翁自伝を読みました。

明治30年に福沢諭吉が口述筆記させたものを自分で加筆構成して、自伝にしたものです。

この本があることは知っていましたが、読むのは初めて。こんなに面白い本ならば、もっと早く読めば良かったと思いました。
幕末、維新に生きた人が自ら語る話ですから、面白くないはずはないのですが、その語り口がまた、自由自在で読む人を飽きさせることがありません。

福沢諭吉と言う人は、大変な人物ですが、気取ったところがなく、ちょっとオッチョコチョイなところもあって、親しみを感じさせます。大村益次郎などは、同じ緒方洪庵の門下生ですが、福沢のことを軽薄な男だと言って、嫌っていたらしいけれど、大村益次郎の性格からすると、それも解る気がします。
大変な話し好きで、話を盛り上げる為には、多少のウソも平気でつくと言うタイプ、と言えば、僕の周りにもいそうですが、決して憎めない、ついつい話しに聞きほれてしまうと言う人ですね。
ただ、ここに書かれていることは、1割2割差し引いて聞いたとしても、大変なものです。

幼少の時に、中津藩で下級藩士の家に生まれて、苦労した話から、長崎を経て大阪で、緒方洪庵の塾でオランダ語を学び、江戸へ。
横浜では、外国人相手にオランダ語が通じないことにショックを受けて、奮起一発、英語を学び始める。当時、英語を学べるところはほとんどなかったので、独学で英語を物にして、幕府の翻訳方になり、咸臨丸での渡米、欧州視察などを経験しているうちに、幕府は崩壊、そして明治を迎えるという、大変な激動の時代を持ち前の才覚と、大変な努力で乗り切って行きます。

自宅を小さな塾として、生徒に英語を教えていたのが、明治になり、少しずつ規模が大きくなり、現在の慶応義塾になるわけです。

まあ、時代が時代と言うこともあるけれど、ノンフィクションでありながら、フィクション顔負けに読ませる本です。
Posted by kozyken
category:
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/183-17b67963
trackback