障子 右前左前 ?
障子1障子2


先日一年点検に伺った家、そしてその前の週に伺った小金井の家でも気がついたことですが、障子の閉め方がおかしい。

我々は、昔から障子は右前と習ってきました。現場で、経師屋さんもそのように作っています。引き違いの障子の時に、手前の障子が右側に、奥の障子が左側に来ると言うことです。
ところが、久しぶりに伺った2件の家では、どちらも障子が左前になっていました。実は僕の家でも障子が左前になっています。
その訳は、アルミサッシにあります。アルミサッシも右前に出来ています。そこで、サッシを開けようとすると、クレッセント(サッシの半月型の鍵)が左側にあるので、障子の左側を右に寄せることになります。その後で、障子を閉めようとすると、奥の障子は手をかけるところがないので、つい手前の障子を左に閉めるようになって、左前の状態になるわけです。右前にするには、手前の障子を少し左に寄せて、奥の障子を後ろの方から押し出して、手前の障子を元に戻して、それから奥の障子を左に閉めるという、3つほど余分な手順を踏まなくてはいけなくなります。そこで自然左前になってしまうわけですね。

右前に作ってある障子を左前に閉めるとおかしいのは、手掛けが写真のように真ん中で重なってしまうことです。
僕はいっそ始めから、左前を前提に手掛を付ければいいのではないかと思うのですが、本当にそれでいいのか、ちょっと自信が持てない。
結構悩んでいます。
Posted by kozyken
category:住宅
comment(2)    trackback(0)

comment
確かに・・・
右前が当たり前と思っていますが、アルミサッシと組み合わせた時の使い勝手からいくと、逆ですよね。
こういう伝統的な障子などの作法を時代に合わせて変化させるのには、抵抗がありますね。
2008/02/09 10:47 | URL | edit posted by yamaguchi
そうなんでよね
yamaguchiさん、こんばんは。

そうなんですよね
左前にしてしまえばいいと思うんですけれど、でも左前にするのもなんとなく抵抗があるんですよね。
みんなどうしているんでしょうか?
2008/02/09 18:08 | URL | edit posted by 小島
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/22-1c114ba4
trackback