地盤改良―世田谷の現場
新しく世田谷で始まった住宅の現場は、先週に解体工事が終わり、今週から本工事に入りました。

基礎工事に先立って、地盤の調査を行ったのですが、その結果、思ったよりも地盤がよくないという問題が出てきました。
この辺は、関東ローム層と言う比較的しっかりした地盤と予想していたのですが、以前に盛土をしたらしく、表層の80cmぐらいがやわらかいのです。
データを見ると、2階建てならば、よく転圧をすれば何とかいけそうな、ぎりぎりの数字です。
しかし、敷地ぎりぎりに建っている、お隣の建物があまりしっかりしていないので、転圧をすることで振動を与えたくない、すぐそばに、地主さん所有の井戸があって、これには手を付けられない、等の問題もあります。
だいぶ迷ったのですが、後々に不安を残したくないので、お施主さんとも相談して、地盤改良を行うことにしました。
表層地盤改良といって、地盤の弱い部分を掘り起こして、土に地盤改良材と言う、セメントのようなものを混ぜて、地盤を固めてゆくものです。

地盤改良

敷地は狭いので、改良する土の量も少なく、昨日一日で終わる仕事でした。私が午後から現場に行った時は半分仕事は終っていました。
この現場は、前面道路が1.8mしかないので、穴を掘る“ユンボ”と言われる、重機も小型のものですが、それにしてもよく入ったものだと感心します。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/224-c0f97808
trackback