解体工事
解体工事


今日も朝から、リフォームの現場へ。

リフォーム部分の内部解体がほぼ終わったので、構造補強が設計どおりで良いかどうかの確認をしました。
スケルトン状態にして、間取りを大幅に変更するので、壁や柱をはずしたり、追加したりと、補強をどうするかが大事になって来ます。
設計中も、小屋裏を覗いて、見えない部分は想像しながら、構造の設計もしてあるのですが、こうしてスケルトン状態になると良くわかります。
大体設計通りで行けそうなのですが、やはり、追加の補強が必要なところも出てきました。その辺を現場の監督さんと打ち合わせ。
20年前の建物ですが、中々しっかりした工事をしています。接続部の金物など、現在の基準で言うと、もう少し足さないといけないところはありますが、今まで僕が経験したリフォームの中では、一番良い部類に入りそうです。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/23-eefbcfe1
trackback