サーヴェイ図面の引き渡し
昨日は、学生時代のデザインサーヴェイの図面をアーカイヴに預けるために、内容の確認作業を行いました。

図面確認作業

学生時代、僕の先輩、後輩合わせて10年ほどの間に、日本の集落でフィールドワークを行ったかなりの数の図面ガあります。これを最終的に保管してくれるところを探していたのですが、日本建築家協会と金沢工業大学が共同で運営する建築アーカイヴスに寄付することが、去年決まりました。
ところが去年は、色々なところでその図面を展示する企画が持ち上がり、図面の引渡しが伸びていたものです。

サーヴェイ図面

図面は長いもので4mほどある大きなものなので、内容を確認するにしても、広い場所が必要。千駄ヶ谷にある建築家協会のホールを借りて、家協会側の人と図面一点一点を確認しました。

この後、図面は金沢へ行くことになります。アーカイヴスの方で、閲覧できる形に保管してもらって、公開される予定です。
金沢へ行けば、見ることが出来るようになるわけですが、今までのように簡単には見られなくなると思うと、少しさびしい思いがします。
Posted by kozyken
category:未分類
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/245-e1a0aaa8
trackback