玉川上水
昨日は世田谷の現場へ行きました。

ここは、京王線の代田橋が最寄の駅なのですが、帰り道で、いつも通っているから、斜めに入ってゆく道に気がつきました。

玉川上水緑地

1年近く通っているのに、今まで気がつかなかったのは、狭い道なのに真ん中に緑地帯があって、あまり道路らしく見えないからでしょうか。こうゆう場所は、たいてい水路の上に蓋をして出来ていることが多いので、好奇心に任せて歩いてみました。
すると、しばらく歩くと思ったとおり、川が露出しているところに出合いました。階段を下りて川沿いの道を行くと、京王線の線路をくぐって甲州街道のほうに続いているようです。

玉川上水

それにしても、こんもりと木が茂って、ここだけを見ていると、とても東京とは思えません。

事務所に帰って、グーグルマップで調べてみると、思っていたとおり、玉川上水でした。
甲州街道を越えてから又、緑地となって、下高井戸、東北沢の辺りまで続いて、途中で消えています。そういえば、以前、永福町の現場から、下高井戸まで歩いていった時に、緑地帯になった公園を横切ったことを思い出しました。
小金井の家の現場の近くにも玉川上水が流れていたし、三鷹の辺りでも、玉川上水を見かけたことがあります。
ずい分蛇行しながら、東京の西から都心に向かって、所々で地中に潜ったり、表に出てきたりしながら水が流れてゆくのはとても不思議な景色に思えます。
Posted by kozyken
category:景色
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/258-750b400d
trackback