世田谷の現場―塗装工事
今日から、大学のインターンシップの学生が今月いっぱいの予定で事務所に来ています。
僕の母校、法政大学の3年生のKさん。来てもらったからには、学校では勉強できないことを経験してもらおうと色々プログラムを考えてみたのですが、まずは現場を見てもらうのが一番の勉強と、午後から一緒に世田谷の現場に行きました。

塗装工事

現場は、内部の大工さんの仕事がほぼ終わり、塗装屋さんが、階段や枠周りの塗装工事をやっています。
最初の設計では壁も塗装仕上げだったのですが、途中から壁は漆喰塗りに変更したので、塗装の仕事はそんなに多くありません。漆喰を塗ると、汚れやすい仕事は出来なくなるので、その前に枠周りの塗装と言うことになります。

ここまで来ると、だいぶ部屋の様子も見えてきて、トップライトから入る光の感じもわかるようになります。学生のKさんも、小さなトップライトなのにずい分明るいですね、といっていたけれど、こういう光の感じは、図面だけではなかなか解らない所かもしれない。

Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/263-1cb936fe
trackback