世田谷の現場-キッチン取り付け
昨日は、午後から世田谷の現場へ行きました。

現場は、先週から施工していた壁の漆喰塗りが終って、いよいよ最終段階。いつも家具工事を頼んでいるCampの木戸君がキッチンの取り付け工事を行っていた。

キッチン家具
今回は木戸君の提案で竹の集成材を面材にしてみた。ちょっといつもと違った雰囲気のキッチンになりそう。

ステンレスカウンター
カウンターはステンレスにて、特注で奥行きを75cmにしました。カウンターの巾が2.1mと、少し短いのですが、奥行きがあるので、調理のスペースとしてはそこそこ取れています。足りなければ、横に折りたたみ式のカウンターをつけようかと思ったのですが、このままで問題はなさそう。

家全体が狭いので、キッチンひとつとっても微妙な寸法になります。キッチンカウンターと、後ろの食器棚との間が70cmで、これもいつもより狭く取っているのですが、実際にキッチンの前に立ってみると、僕の体格ではほとんど問題がないことも確認できました。キッチンに二人で立つと少し狭いかな、と言う感じです。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/269-f452dada
trackback