坂倉準三展―鎌倉
昨日の日曜日は、鎌倉の神奈川県立近代美術館で開催されている、「坂倉準三展」を見に行きました。

大学の同窓会の女性フォーラムの行事に男4人で同行させてもらったのですが、女性らしく、見学の後にフランス料理のランチと言うのも楽しみでした。

八幡宮の蓮池

ご存知の方も多いと思いますが、この美術館自体も坂倉準三の設計で、八幡宮の境内、入ってすぐの蓮池に面して立っています。
丁度、蓮の花の季節だったようで、境内に入るとすぐに大輪の蓮の花に迎えられました。

美術館正面

建物は1951年完成と言うから、もう60年近い年月が経っています。鉄骨造の外壁は1階が大谷石を積んで、2階は石綿板を張っている。コスト的なこともあったのだろうけれど、工業製品を使ったちょっとそっけない表情が、いさぎよく、美しく感じられます。

展覧会は1920年代のル・コルビュジェのアトリエ時代の図面、模型から1970年代の晩年の作品までを網羅しています。
よく知っている作品もあれば、こんな設計もやっていたのかと言うようなものもありますが、なんといっても、この美術館自体が最高の展示作品だといえます。

僕は学生時代に2回ほどここを訪れていますが、久しぶりに見て、本当にすばらしい建物で感激しました。
同じコルビュジェのアトリエにいた、前川国男や吉坂隆正と比べると、坂倉準三が一番コルビュジェの影響をストーレートに受けているような気がします。
たとえば、中庭の雰囲気とか、
中庭

2階のテラスのこんなところとか
ミュジアムショップへの階段

カフェテラスのインテリアの、低い天井と吹き抜けのスケールなどは、マルセイユのユニテダビタシオンの断面を思い起こさせます。
カフェテラス

ぐるっと展示を見て、1階に下りると、彫刻展示スペースになっているピロティーの部分が、とてもよい空間です。細い鉄骨の柱が池の中に建っていて水平に切り取られた蓮池の景色が目の前に広がります。
ここは、ちょっと日本的な雰囲気のあるところで、コルビュジェの影響の強いデザインの中で、坂倉準三の面目躍進といったところでしょうか。
ピロティー



Posted by kozyken
category:建築
comment(2)    trackback(0)

comment
行ってみたいです。
こんにちは。
鎌倉の神奈川県立近代美術館には一度も行ったことがありません。今度東京に行ったときには是非行きたいですね。
なかなか遊びに行く機会が無くて、残念です。
2009/09/04 12:21 | URL | edit posted by yamaguchi
名建築です!
yamaguchiさん、こんにちは。

鎌倉の近代美術館は、名建築だと思います。
ぜひ、機会を作って行って下さい。
鎌倉の町も良いですしね。
2009/09/04 13:09 | URL | edit posted by 小島建一
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/272-6a8451b2
trackback