床下収納
世田谷の現場は、先日完了検査が終わり、最後の手直し工事を行って、今週末には引き渡し、引越しの予定です。

今まで、床には養生のベニヤとシートを張って、フローリングを保護していたのですが、それも取り払われて、フローリングが見えるようになりました。
寝室の床には床下収納が設けられています。丁度タタミ一枚より、一回り小さいサイズで、深さが30cmほどあり結構な収納になります。

この家はかなり狭いので、収納には苦労しました。面積は限られているので、収納を多くすれば、部屋が狭くなるし、かといって最低限の収納は必要。
残された空間は、小屋裏と床下ですが、小屋裏はロフトとして使っているので残るところは床下だけと言うことになります。

床下収納
内部

この収納の優れているところは、大きな扉が割りと軽くあけられること。扉にガスダンパーが付いていて、動きが穏やかで、締める時も途中から手を離しても、ゆっくりと閉まってゆくようになっている。

こうゆう物を、現場工事で作ろうとすると結構難しいことになります。
丈夫で断熱をしっかり作ると、重くなり、これをダンパーで軽くしようとすると、調整が難しいことになります。以前家具用のダンパーで造ったことがあるのですが、途中までの動きは良いのですが、ある角度を越すと、急に重くなり、手を挟む危険があります。

今回使ったものは、ある建材メーカーのものですが、箱自体が断熱仕様になっている点もよく出来ています。これで枠のアルミ部分がもっと目立たなく出来ると言うことはないのですが。
Posted by kozyken
category:住宅
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/276-5ed06138
trackback