世田谷の家―引き渡し
昨日は、世田谷の現場が完成して、施主への引渡しに立ち会ってきました。

今週末には引越しをしなくてはいけないということで、ウイークデーですが、夜6時から、最終的な工事の点検と、引渡しの書類一式、工事中は私が預かっていた建築確認の書類等を渡て、いよいよこれで建物は施主のものとなります。

インテリア夜景
夜に入ったので、照明の具合なども確認が出来ました。
食卓テーブルもキッチンに合わせて、竹の集成材で、家具の木戸君に作ってもらいました。ちょっとほっそりした足なかなか良い感じです。これにあわせる椅子がどうなるか、難しいところです。

キッチン側より見る
引渡しが終ったところで、施主夫婦と3人で、フローリングにワックス掛けを行いました。フローリングには元々リボス社の自然塗装が施してあるので、同じリボス社の自然オイルのワックスを用意して、布にしみ込ませたものを、刷り込むようにして行きます。
今回は桧のフローリングなので、表面が滑らかで、ワックスはあまりしみ込みません。おかげで塗るのは楽で、1時間ほどで塗り終わりました。
ちょっと大変ですが、こうしておくと汚れは付きにくくなります。普段のメンテナンス用には、もう少し楽な、水溶性のワックスアンドクリーナーと言うものを使ってもらうように、1本プレゼントしました。
これは、僕も我が家で使っていますが、全く匂いがしないので普段使うのには重宝しています。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(2)    trackback(0)

comment
素敵です!
木がふんだんに使われていて、本当に素敵なお宅ですね!
竹の風合いもいい感じです。
それに、写真がとても綺麗に撮れていますねv-7
2009/09/14 12:14 | URL | edit posted by 布施
Re: 素敵です!
布施さん、こんにちは。

布施さんのお宅は、洗面室が竹のフローリングでしたね。
この家は家具を竹で作ってみました。
材料によって、ずい分表情が変わるものですね。
2009/09/14 13:12 | URL | edit posted by 小島建一
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/277-b88c83e4
trackback