カナル・カフェ
土曜日は、法政大学デザイン工学科で先週から一週間続いていた、「エンジニアリング&デザインウイーク」の最終日で、朝から講演とワークショップがあったのですが、僕は仕事の都合で夕方から出かけて、最終セクションだけ聞いてきました。

イタリア未来派から、日本のメタボリズム、これからの日本と東アジアの都市問題と、なかなか遠大なテーマで、各大学の先生に、フィレンツェ大学の先生も二人参加して、白熱した議論を聞くことが出来ました。
個人的には、未来派とメタボリズムを結びつけるのは少し無理があるように感じましたが、参加した先生方からは、興味深い話が色々と聞けて、有意義な時間を過すことが出来ました。

一連の行事が終った後で、夜に入って、場所を変えて、お堀端のカナル・カフェでパーテーがありこれにも参加しました。
カナル・カフェ

ここは、飯田橋の橋の袂のところから、お濠に桟橋を伸ばして、カフェレストランになっています。前から気になっていて、一度友人と入ろうとしたら貸切で入れなかったことがあります。
お濠の水際で対岸の並木と法政大のタワーを眺めながら、食事とお酒が飲める、なかなかしゃれたレストランです。
パーテー風景

バーベキューが用意されていて、みんなでバーベキューを焼いて、食べながら、ビールやワインを飲んで、盛り上がっていると、お堀に浮かべた船の上から花火が打ち上げられて、とてもよい雰囲気でした。
お濠と花火


その後、神楽坂での二次会まで行き、先週に続いてすっかり飲みすぎた土曜の夜でした。
Posted by kozyken
category:建築
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/283-6f2fb7cd
trackback