武蔵境にて
昨日は、設計中の武蔵境の家の敷地にある古い住宅を解体する為、ご近所への挨拶を兼ねて、解体業者と打ち合わせに行きました。

武蔵境の駅前はクスノキを主体として、東京の駅前にしては珍しく大きな木が何本も茂っています。又、駅周辺に大きな神社やお寺があるためか、緑が多く、中々良い雰囲気をしています。

歩道のノウゼンカズラ

駅からまっすぐに伸びる道を、現場に向かって歩いてゆくと、車道と歩道の間のフェンスにも、ノウゼンカヅラの蔦が絡まっています。何の変哲もない、よくあるフェンスですが、これだけで歩道の雰囲気がずっとよくなっています。
さすがに、武蔵野市は緑化に対する取り組み方が違うなーと、感心しながら歩いてゆくと、イチョウの並木を切っているところに出会いました。最初は、枝を下ろしているのかと思っていたのですが、歩きながら見ていると、根元から切られたイチョウの株がずっと続いています。
伐られたイチョウ

これから、黄色く色づいて、町を飾ってくれるはずなのに、ずいぶん非道いことをするものです。
多分、これから落ち葉の掃除が大変になるので、沿道の人から苦情が出ているのかもしれませんが、そういうことも含めて、自然に親しむと言うことなのでないかと、少し腹が立ちました。

世の中エコロジーブームだったり、自然を大切にしようと言っているのに、その為の面倒なことはしたくないと言う考え方が、根本から間違っているような気がするのですが。
Posted by kozyken
category:日記
comment(2)    trackback(0)

comment
お近くで、設計をされているんですね!
武蔵境の南口でしょうか?
お時間が許せば、是非、我が家にもお立ち寄り下さい。

それにしても、イチョウはずいぶんと酷いことをするものですね!
銀杏を拾ったりと、(臭いはありますが)楽しみもあるのに!
何も、根元から切らなくても、いいものを・・・!!!と思います。

2009/10/06 12:37 | URL | edit posted by 布施
お近くですね
そうです。武蔵境の南口に下りると、布施さんの家に、打ち合わせに通っていた頃を思い出しますね。

今の御住いとも近いので、そのうちに遊びに寄らせて頂きたいと思います。
その時はよろしく。
2009/10/06 19:11 | URL | edit posted by 小島建一
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/286-807033c8
trackback