基礎の耐震補強


今日は、高田馬場でリフォームをしている現場へ、基礎の配筋検査に行きました。

この家の基礎には問題が色々とあります。普通、布基礎と呼ばれる基礎は、逆T字型をしていて、基礎の底に耐圧盤と呼ばれる、巾40~50cmぐらいの部分があるのですが、それがなくて、I字型をしています。これだと、建物の重さを分散して地面に伝えることが出来ないのですが、幸い地盤がかなり良いために、今まで不動沈下等を起こしていなかったようです。
もうひとつの問題は、基礎に鉄筋が入っていないこと。これも地盤が良いためか、基礎に大きなひびが入ったりしていませんが、いずれも大きな地震があった場合は、基礎が壊れて、建物の倒壊につながる恐れがあります。

基礎の補強は、床を全てはずさないといけないので大変なのですが、今回は、ほとんどスケルトン状態にしてあるので、全面的に補強するようにしました。

基礎補強筋

写真のように、古い基礎に細かくケミカルアンカーと言うものを使って、鉄筋を打ち込み、これに絡めるように、床下全体に15cmの厚さでコンクリートを打つようにしています。基礎周りはさらに立ち上がりをコンクリートで付けて、既存の基礎を補強するようになります。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/290-a2a8efa5
trackback