「住みつづける家」-HP
かさべるで外観

僕の事務所のホームページに「住みつづける家」と言う、ページを新たに設けました。

今年の5月に「27年目のオープンハウス-かさべるで」と題して、僕が27年前に事務所を開設して初めて設計した、「かさべるで」と名付けた住宅のオープンハウスを行いました。
僕は、住宅と言うものは、竣工した時だけでなく、長い年月を掛けて、そこに住む家族と建物がどのようにかかわってゆくか、と言うことが大事なのだと思っています。
そこで竣工して27年目の住宅をネットで応募していただいた方達に、見てもらったのですが、幸いにも好評でした。
その時に、プロのライターの方にも見ていただいて、第三者の目で見て感じるままを書いてもらいました。その記事と、後で僕が撮った写真を合わせて、ホームページに新たなページを作ったのです。

建築雑誌等では、竣工直後の住宅の写真が、家具も荷物も何もない状態で掲載されます。
そこには、ほとんど人間の匂いがしないわけですが、それは少し違うのでは、と常々思っていました。
確かに、人が住んでいるところを公開したり、写真を撮らせてもらうことに難しいところもあるのですが。

ダイニングテーブル周り

今回も、申し訳ないと思いながら、写真を撮らせてもらいました。27年経っているので、当然建材の痛んでいるところもあるし、収納に収まりきれない荷物が居間にも台所にもあふれています。
その荷物をあまり整理せずに、写真を撮っていったのですが、結果的にその写真が、リアリティーがあってなかなか良いのではないかと思っています。

よろしかったらぜひアクセスしてみてください。
URLはhttp://www.pluto.dti.ne.jp/~kekojima/casa09/casa09.htm です。
Posted by kozyken
category:住宅
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/313-8caa0e68
trackback