大井町の家」取材
昨日の日曜日は、3年前に竣工した、大井町のお宅で、取材があり立会いに行って来ました。

日本の大手ガラスメーカー3社が運営している板ガラス協会で、「エコガラス」と言うサイトを作っており、その中にウエブマガジンとして開口部にこだわった家を掲載して、毎月更新しているので、そこに載せてほしいという依頼があったのです。

「大井町の家」取材風景

エコガラスと言うのは、ガラスメーカーではLow-eガラスのことを言っているらしいのですが、今回の取材は、ペアガラスのお宅でも良いと言うことでした。
取材の編集の人からは、設計の時の考え方や、クライアントの要望、打ち合わせのやり取りなどの話を聞かれ、設計中のことを懐かしく思い出しました。

二人でモデル

竣工後に生まれた、咲子ちゃんも、すっかり大きくなって、お姉ちゃんと一緒にカメラマンの前でモデルになってもらいました。設計中に作った模型も久しぶりに見ました。

取材は午前中で終ったので、午後から、早稲田大学筝曲研究会の定期演奏会へ。
去年、リフォーム工事を行った、落合の家のお施主さんが、ここのOBで、今回は本人も出演すると案内状をもらったものです。
この落合の家の竣工パーティーでもお琴を聞かせてもらったのですが、今回は学生さん、OBで色々な曲を合奏で聞かせてもらいました。

合奏風景

緋毛氈に金屏風を背景に大勢での演奏は、早くもお正月が来たようで、華やかなものです。
不思議なことに、バロックの合奏協奏曲を聴いているような気分がしました。
Posted by kozyken
category:住宅
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/317-2734a5ce
trackback