耐震面材取り付け-高田馬場の家
今日午前中は、耐震リフォームの工事を行っている、高田馬場の現場へ。

先週から張っていた、壁の耐震面材が貼り終わっていて、その検査を行いました。
今回は、全て内側の壁に耐震面材となる、ガラス繊維強化石膏ボード(商品名タイガーグラスロック)を張って、壁の耐震を図っています。
グラスロック

構造用合板の場合と同じ様に、この製品の場合も、取り付けるビスが、指定品かどうか、ビスの取り付けピッチが正しいかどうかなどが大事になる為、今日はそれを確認しました。
ビス取り付けピッチの確認

このボードは、結構重く、カットが大変な上に、取り付けるビスのピッチが細かいので、大工さんはだいぶ苦労したようです。しかし、このまま仕上げの下地として使えるので、便利な製品だと思います。今回は、この上に漆喰を塗って仕上げる予定。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/318-21f9efac
trackback