ユニバーサルデザイン-階段の手摺
神宮前駅の手摺

先日、地下鉄の明治神宮前の階段を下りている時に、階段の手摺がちょっと変わっているのに気がつきました。

手摺が真っ直ぐではなく、階段に合わせて、ギザギザの格好をしています。
最初は、理由がわからなかったのですが、しばらく考えて見ると、お年寄りには、この方が使いやすいのではないかと、思い当たりました。
年を取ると、手足の関節が曲がりにくくなるといいます。手摺を斜めに持つよりも、水平に持つ方が、手首に掛かる負担も小さくて、体を支える時に力が入りやすいわけです。
早足で階段を下りる時には、真っ直ぐなほうが、体の移動がスムーズかもしれないけれど、そもそも早足で降りる人に手摺は必要ないわけだから、ゆっくり一段一段降りてゆくときは、このギザギザの手摺が安全なのだと納得が行きました。

我々は、手摺は階段の勾配に沿って、真っ直ぐなものと言う先入観があるけれども、ちょっと視点を代えて、その機能の基本に返ってみると、又違った発想が生まれるものですね。

デザインに先入観は禁物。
Posted by kozyken
category:建築
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/330-d2ab64ad
trackback