高田馬場の家-階段取り付け
昨日は、高田馬場の耐震リフォームの現場へ

現場には、大工さん、ペンキ屋さん、外構工事業者と狭い現場に大勢入って、混雑しています。

階段
先週階段の側桁が並べて置いてあったのが、組みあがって、階段が完成していました。

側桁の楔

この階段を裏から見ると、側桁と段板の間に黒いものが見えています。よく見るとプラスチックの楔です。今まで、僕が見てきた範囲では、大工さんが木を削って楔を作ったものを打ち込んでいましたが、大工さんに聞いてみると、木の楔は乾燥してやせてくると緩むことがあるのですが、プラスチックだとそういう心配がないと言うことです。
知らない間に、新しいものがでているものですね。

ペンキ下地処理

2階では、ペンキ屋さんが天井の石膏ボードのジョイント部分に割れが入らないように網状のテープを張って、パテを塗っています。このパテが固まってから、サンドペーパーでよく磨いて平らな面を作って、初めて塗装をしてゆきます。ペンキ仕上げは、実はペンキを塗るよりも、この下地を平らに作ることのほうが大変な作業になります。
ペンキの塗膜はほとんど厚みがないので、下地の処理が悪いとすぐに仕上げに出てきてしまいます。その点、ビニールクロスならば多少の下地の悪いところも、クロスの厚みで隠せるので、世の中にハビニールクロスを張った家が多いわけですが、僕はどうもビニールクロスの質感が好きになれません。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/336-a714fc94
trackback