京都へ
昨日の続きで、山崎から午後にはおじさん3人組みで、京都へ。

京都駅の大階段

京都駅は、さすが日曜日でにぎわっていました。原広司さん設計の京都駅も、最初は戸惑う人が多かったのかもしれませんが、今ではすっかり古都の顔となって、その賑わいを多くの人が楽しんでいるように見えました。

ここで昼食を食べてから、五重塔の内部が特別公開となっていると言うので、東寺に出かけました。
東寺は、京都駅の南側、九条通りに面しています。実は京都の南側へ行くのは初めてです。
元々は、京都の南側の入口、羅城門の東側を護るお寺だったということです。
明治になって鉄道が町を横切ったことによって、京都の町は分断されて、なんとなく南側は寂れた感じがします。
東寺の縁日風景

東寺が近づくにつれて、人が増えてきて、境内に入ると物凄い人でごった返していました。この日は21日で、丁度弘法大師にちなんだ縁日だったようです。買い物客でにぎわう様子が、なんとなく京都駅の賑わいと重なって感じられたのは考えすぎでしょうか。

東寺五重塔

五重塔は噂どおりに端正で立派なものです。普段は非公開の内部に入ると、大日如来になぞられた心柱の周りを如来、菩薩がぐるりと取り巻いて、密教の曼荼羅を描いていると言うことで、興味深いものでした。4周の壁にも絵が描かれていて、決して広くない空間が寄り濃密になった感じがします。

東寺の後は、先週のNHK日曜美術館を思い出して、四条にある可必館で魯山人の展覧会を見て、大阪のY君のおすすめで、相国寺へ行きました。
朝から歩き詰めで、さすがに疲れたところで、甘いものでも食べようと、最近、立て直したと言う「とらや」へ行き、羊羹とお抹茶をいただいて、一休み。そろそろ空も暗くなってきて、本当によく動き回った一日でした。
「とらや」は、建築家の内藤廣さんの設計です。お店は、中庭を挟んで、古いお蔵とお稲荷さんの赤い鳥居が見えて、なかなか風情があります。
とらや中庭とテラス席

面白いのは、垂木と仕上げを兼ねた天井が緩やかなカーブを描いて、外部にまで伸びて、テラスの上を覆っている様子です。この台形断面の垂木がインテリアの大きな要素になっていますが、同時に構造の一部もになっていると言うところも興味深い。
台形の垂木
Posted by kozyken
category:未分類
comment(2)    trackback(0)

comment
本当に久しぶりの同窓会のような京都巡りは面白かったですね。坂上君もまた先週の土曜日に事務所に来て「あの日は面白かった。また行こう。」と言ってました。時間とお金の余裕があればまた関西に来てください。今度は奈良でも案内します。
2010/03/04 18:33 | URL | edit posted by y.yamamoto
ありがとう
あの日は山崎、京都と1日付き合ってもらって、ありがとう。
オジサン3人旅と言う感じで、楽しかったですね。
時々同窓会も悪くないですね。ぜひ又。
2010/03/04 19:50 | URL | edit posted by 小島建一
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/346-954d0c3f
trackback