オープンハウスお礼
昨日の日曜日は、「高田馬場の家」のオープンハウスでした。

オープンハウス風景

朝から雨で、ちょっと心配したのですが、午後からは雨も上がり、時々日がのぞくお天気になり、日曜日にもかかわらず、予想以上に大勢の方に来ていただきました。
来ていただいた方にはお礼申し上げます。

説明パネル

この家は、リフォームなので、今回は改築前、改築後、そして、耐震改修の様子、断熱改修の様子などをわかりやすく説明するパネルを用意しました。
これも、なかなか好評で、手間をかけた甲斐がありました。
と言っても、これは春休みの研修に来ていた学生君に作ってもらったもの。彼にとっては、木造建築を知る良い経験になったと喜んでいました。今の大学では、木造について、まったくといって良いほど教えていないということで、これはちょっと問題だと思っているところですが。
Posted by kozyken
category:住宅
comment(2)    trackback(0)

comment
僕が学生時代も木造は”暗黒大陸”的イメージがありました。今の基準法に適合しませんが、伝統木造工法がコンピューターのおかげか、一部で見直されつつあるのには好感が持てます。
僕の場合は”理論”的なものから建築に入りましたが、実際にものを見てから入るほうが望ましいと思います。
学生さんに現場を見せることは大変意義あることと思います。
2010/03/09 22:14 | URL | edit posted by ISS
木造建築は面白いですね
木造建築には、日本の文化がまだまだ残っている所があると思います。
現場で、大工や職人達と話しをするのも面白いですね。
2010/03/10 18:39 | URL | edit posted by 小島建一
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/347-3acfbe29
trackback