三鷹クローバーハウス工事着工
三鷹市で、お施主さんがクローバーハウスと言う愛称をつけた住宅の工事が始まり、昨日の日曜日に地鎮祭を行いました。
地鎮祭

この家お施主さんとは、昨年5月に27年目のオープンハウスと言うイベントを行った時に始めてお会いして、その後土地探し、設計、業者の選定と9ヶ月ほど掛かって、ようやく着工と言うことで、感慨もひとしお。
お天気にも恵まれて、神主さんの詔を聞いていると、さあこれから現場が始まるぞ、という実感が湧いて来ます。
そして今日、まずは地盤改良から工事が始まりました。
柱状改良の機械

今回は、極端に悪い地盤でないのですが、建物の解体をしたときに、地中に埋設物が多く見つかり、その撤去のために全体を掘り返して、地盤が緩くなっている可能性があるので、用心のために、柱状改良と言う方法を取っています。
セメントミルクの注入

機械で直径60cmの穴を掘り、トラックに積んである機械でセメント系の固化材を水と混ぜたものを、穴に送り込み、土と混ぜて固めるものです。
施工後の改良部分

この現場では、長さ3mの杭状のものを、合計22本作るようにしています。
Posted by kozyken
category:建築現場
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/352-fedb2a2a
trackback