大江宏賞公開選考会

土曜日は、毎年恒例で、今年で6回目になる、法政大学修士卒業設計の「大江宏賞」公開選考会に行きました。
選考風景

学生達の力作を見ると言うのは、楽しいことに加えて、硬くなってきた僕の頭にも良い刺激になります。
午後1時から始まって、あらかじめ絞られた8作品のプレゼンを見て、質疑応答、最終選考と終わったのは7時近くになっていました。
作品模型1
作品模型2

今年の受賞は、上野公園に図書館を作ると言う案で、空間を作るシステムがユニークと言う点が評価されました。
次点になった、新宿歌舞伎町を再生すると言う作品が僕は気に入っていたのだけれど、僅差で落ちてしまった。
そういえば、最近はほとんど行かなくなった歌舞伎町だけれど、コマ劇場が閉館して、歌舞伎町のイメージもよくないためか、ずい分衰退しているらしい。僕が昔よく通った映画館もずい分閉館して、みんなパチンコ店になっているらしい。

選考会の後、これまた恒例の懇親会が学生食堂であり、その後は、神楽坂で2次会、3次会まで付き合って、すっかり飲みすぎてしまいました。
神楽坂の露地

神楽坂は、夜遅くなっても、大勢の人たちでにぎわっていました。
Posted by kozyken
category:建築
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/358-7adc3cc5
trackback