7年目の「鷺宮の家」
昨日の日曜日は、7年前に竣工した鷺宮のお宅へ行きました。

ご主人の転勤にあわせて、一年間家族で地方での生活を経験して、先月帰ってきたところ。
この家の設計をしていた頃は、まだ結婚したてのご夫婦だったのですが、今ではお子さんも二人、来年は上の子が小学生と言うこと。
時間のたつのは早く、家族の生活はどんどん変わってゆくものですね。
と言うわけで、家族が増えて、収納が足りなくなってきているので、収納を増やすことと、自転車が増えてきたこと、ご主人のバイクも置きたいのでその辺の外構を直したいと言う話です。

仕事の話半分で、話題は、転勤中の生活に。
海と山に囲まれた、若狭湾沿いの町は、本当に良いところだったらしい。今でも夏には蛍が飛び交い、星が手に取るようにいっぱい見えるというのは、東京では経験できないこと。おかげで、子供達もずい分ワイルドに育っているように見えました。

家の中で、小さなヤモリがいたのを見つけて、ご主人が大事そうにしているのが印象的でした。
玄関の吹き抜けにスリット状に設けた窓にへばりついているヤモリはなかなか可愛らしいものです。
玄関吹き抜けのスリット
ヤモリのシルエット
Posted by kozyken
category:住宅
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/361-c5d32048
trackback