仙台メディアテーク
先週の土曜日、山寺へ行く途中で仙台に寄りました。
伊藤豊雄さん設計の仙台メディアテークを見るのが目的です。
この建物が出来た時から、見に行きたいと思っていながら、なかなか仙台まで行く予定がないまま、今年で開館10周年になるそうです。
仙台メディアテーク

この建物のユニークなところは、なんといってもその構造。四角いガラスの箱の中の各階の床を支える柱が、細いスチールパイプを束ねたような形をしていて、しかもその柱が真っ直ぐに立っているわけではなく、自由に傾きながら、ばらばらに、大きさもまちまちに配置されているのです。
海草のような柱

一番最初の伊藤豊雄のスケッチを見ると、海に漂う海草のように、柱がゆらゆらとした線で描かれています。あくまでも柔らかく、自由に、建築と言う一見、硬いもののイメージに囚われずに。


この柱の中に、階段やエレベーター、設備の配管などが入っているのですが、単なる光の筒となっているところもあって、屋上のトップライトから光が注ぎ込んでいます。
ライトウエル

階段室の上から下を除くとご覧のとおり。
階段室を覗く

4階と5階がギャラリーになっていて、この日は市民美術展が開催されていました。作品のオブジェがなんとなく柱と似ているように見えました。
ギャラリー階

2階3階は図書館になっているのですが、基本的に間仕切りはなく、ワンフロアーワンルームですが、多くの人が思い思いに色々なところで本を読んでいる姿が印象的でした。
図書館フロアー

この建物の素晴らしいところは、その形だけでなく、市民が自由に参加できるプランになっているところにあります。建物いたるところで、ここでの時間をいかにも楽しんでいるという風な人々を見かけることが出来ます。
本を読む人

本当に市民に愛されている建築といえるようです。これが意外と難しいことなのですが、この建物は、軽々と、肩肘張らずに仙台という場所に溶け込んでいるように思えました。

僕は、この建物は日本を代表する建築といっても良いのではないかと思います。
Posted by kozyken
category:建築
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/371-fec027a5
trackback