クローバーハウス-通気胴縁取り付け
昨日は午後からクローバーハウスの現場へ。

先週、耐震面材のダイライトが張り終わっていましたが、今週はその上に透湿防水シートを貼って、一部通気胴縁が取り付けられています。基礎の上に、アルミの水切りが付いて、その少し上に縦についている胴縁がそうです。この上にさらにモルタル下地の合板を貼るのですが、胴縁の厚みだけ空気層が出来て、そこを空気が昇って行き、通気が取れるという仕組みです。
透湿防水シートと通気胴縁

この通気層は、屋根の通気層とつながっているのですが、屋根面は太陽熱で熱くなり、空気が上に上る為に、このアルミ水切りの上のすき間から、屋根の棟に付ける換気棟に向かって空気の流れが出来ます。

一部、アルミサッシも取り付け始めていました。
アルミサッシの取り付け


内部では、基礎の断熱材が取り付けられて、1階の床を支える大引き、根太が取り付けられています。
基礎断熱


ユニットバスに絡むところだけ、壁の断熱材、ロックウールが取り付けられていました。ただ、取付け方に問題があり、ロックウールのビニールのツバの部分は間柱にかぶせてもらいたいので、やり直してもらうことにしました。
壁の断熱材取り付け
Posted by kozyken
category:未分類
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/381-f2659d4a
trackback