ウオークラリー
土曜日は恒例の法政大学建築学科ウオークラリーに参加しました。

今回は「谷根千コース」と言うことで午後1時に東大農学部前に20名余りの学生達と一緒に集合。
農学部正門前

一緒に廻る網野先生が木造工法の専門家なので、テーマとしては、木造建築を見て回るということです。
農学部の構内には、「弥生講堂」「弥生講堂アネックス」と言う、面白い木造建築があります。特にアネックスは、木造でHPシェル構造という珍しい構造です。光の取り方もきれいで、僕も前から気に入っている建物です。
弥生講堂アネックス

木造シェルの話などを学生達に話しているところに偶然、この建物の構造設計をした、稲山先生が出てこられて、直接お話を聞くことが出来たのはラッキーでした。中にも入れていただいて、詳しく説明してもらいました。

その後、根津の坂を少し下ったところにある、木造3階建てのアパートへ。
巨大木造アパート

僕は始めてみたのですが、びっくりする建物でした。たぶん戦前からあったらしいのですが、何しろ巨大。玄関前から見るだけでも大きいのですが、裏に廻ってみると、L型に伸びているようで、たぶん2,000㎡を超えるぐらいの面積ではないかと思います。
木造のこんな巨大な建物を見るのは初めてです。

その後は、弥生坂を下って、不忍通りにある串揚げの「はん亭」へ。明治の終わりごろに立てられたという、木造3階建ての建物はなかなか凝った造りの建物です。
はん亭


それから谷中をぐるっと廻ったのですが、一番印象に残ったのは、Y字路の角に経っている、みかどパン。おばあさんが1人でやっている、小さな小さなパン屋さんですが、表に大きな木があって、とても都心とは思えない風情があります。
みかどパン

ちょっと中に入って、おばあさんに話を聞きました。ずい分大きな木ですね、ずいぶん古いんでしょうと聞くと、「古くはないよ、私が植木鉢に植えた木が根付いただけだよ」とそっけない返事。ほんの二三年前のような話しっぷりですが、たぶん50年以上は経っていそうな巨木です。建物はやはり明治期に建てられたもののようです。

短い時間で、「谷根千」の入口ぐらいしか見ることは出来ませんでしたが、僕らが知っている東京とは、違う時間が流れているようで、不思議な空間に迷い込んだようです。
今度は1人で、もっとゆっくり歩き回りたいと思いました。
Posted by kozyken
category:建築
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/383-3b5853ca
trackback