光が丘へ
光が丘


今日は、17年ほど前に設計したお施主さんの紹介で、家を建てたいというその方の妹さんにお会いする為、練馬区の光が丘へ言ってきました。
何年たっても、こうして気を使ってもらえるのは、本当にありがたいことです。

光が丘は、近くを環八が通っているので、車では良く近くを通るのですが、駅を降りるのは初めてです。駅前の広い通りにの両側には高層の集合住宅が並んでいますが、道路が広く緑が多いので、中な良い感じです。
街路樹のケヤキの木は、冬枯れしていますが、夏にはいっぱいに葉をつけて、木陰を作ってくれそうです。道路と団地の間も、かなり巾のある緑地帯になっているので、高層ビルの威圧感がありません。
こういう団地計画では、外構計画が大切なことを改めて考えました。
Posted by kozyken
category:日記
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/40-0d2d6f8a
trackback