建物緑化
先日、調べることがあって、台東区役所へ行ってきました。

台東区は上野から、浅草を含む、いわゆる下町で、緑が少ないというイメージがあります。
その為か、区役所では緑を増やすことに熱心なように見えました。

壁面緑化
区役所の周りの壁に、色々な植物と方法を使って、壁面緑化の実験をしていました。
建物を緑化することで、その建物の断熱、遮熱を良くしたり、建物の保護になったりするだけでなく、ヒートアイランド現象の緩和、空気の浄化など、環境にも良い面がたくさんあります。

つる植物による壁面緑化

屋上の緑化は、だいぶシステムも整ってきて、実績も増えているので、やりやすくなっていますが、壁面緑化は、まだまだメンテナンスに難しい所があり、僕が設計するような住宅のレベルでは、難しそうです。
ただ、昔から行われているように、夏の間、朝顔や,
へちまなどを、壁に建てかけたネットなどに這わせるのは、見た目にも涼しそうで良いかもしれません。

実は今設計中の住宅でも屋上緑化をするつもりなので、台東区での補助金などを調べてみました。区の窓口で聞いてみると、およそ工事費の2/3ほどの補助金が付くようです。
これはとても助かります。今回も、効果を考えれば当然、屋上全体を緑化したいのですが、予算によっては難しいかな、と思っていました。
施主の負担が、1/3で済むのならば、設計サイドとしても、話を薦めやすくなります。

補助金といえば、今回もうひとつ調べてわかったのは、台東区では45歳以下の人が家を新築する時に、条件はありますが補助金が出るようです。これは、地域の少子化を食い止める為のものと思いますが、探して見ると、自治体によって色々な補助があるものですね。
Posted by kozyken
category:建築
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/408-79ccec2c
trackback