青山通りから表参道へ
インターンシップで事務所へきている、学生のK君が、今日で終了するので、渋谷で進行中のビルの現場へ一緒に行きました。
現場は丁度、サッシと、正面のカーテンウオールを取り付けているところで、図面を見ながら、現場の納まりなどを、解説してあげたのですが、ほとんどこういうことは、大学では教えていない。もう少し、大学も実務的なことを教えた方が良いのではないかと、ちょっと思いました。

現場の帰りに、少し遠回りして青山通りから、表参道へ歩きながら、最近の建物などを見て行きました。
青山紀伊国屋
新しい、紀伊国屋のビルは、前を何回か通っているけれど、中に入ったことがないので入ってみました。
面白いのは、青山通りは都会的で、高層ビルが並んでいるのに、一歩裏側は、木造住宅の密集する住宅地。
裏側住宅地に面して
建物は、法的なこともあるのだろうけれど、裏側は、住宅地に合わせてスケールダウンして、セットバックする2・3・4階のテラスを緑化しているのが好ましく思えました。ちょっと疲れたので、K君と4階のカフェに入って一休み。無理をして外のテラス席に座ったのだけれど、今日の暑さで、客は我々だけでした。でも、見晴らしが良くて、なかなか爽快な気分。
裏側のカフェ

青山通りを左に折れて、しばらく行くと、モリハナエビルが解体工事の始まったところ。雑誌の記事などで聞いてはいたけれど、もう解体工事が始まっていたんですね。
モリハナエビル

モリハナエビルは、丹下健三の設計で、表参道における、ファッションビルのはしりのようなビルでした。
こうゆう建築が、いつも簡単に壊されてゆくのは、本当に何とかならないものかと思ってしまいます。
Posted by kozyken
category:未分類
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/415-ecdeefb7
trackback