階段は面白い
僕だけではないと思うけれど、住宅を設計するときに、階段に凝ると言う人は多いはずです。有名な建築を見ても、必ずといっていいほど、良い建築は階段のデザインも素晴らしいことが多いと思います。

今回のクローバーハウスでも、階段には、ちょっと見ただけでは気がつかないかもしれませんが、色々と工夫をしてみました。

居間から見る階段
ひとつは、踏み板と蹴込み板(段の立ち上がりの部分)を、同じ厚さの集成材にしています。普通は踏み板を厚く、蹴込み板を薄くするのですが、居間側から見たときに厚みをそろえた方がきれいな為です。同じ理由から、踏み板の先端と、蹴込み板をぞろでそろえています。

宙に浮いた一段目

もうひとつ工夫しているのは、一段目を、壁から一枚踏み板が飛び出すような形にしていること。一段目は宙に浮いているような形で、少し軽快な感じになったのかなと思います。
ただ、後からちょっと気になったのは、この一段目にも巾木を付けたのですが、これはない方がよかったのでは、と自分では思っています。現場で大工さんと打ち合わせのときに、このような指示を自分でしたのは間違いないのですが。
これで、一段目だけが独立している感じが少し弱くなっているように感じます。
やはり、出来上がってみないと気がつかないところもあるのですね。反省。
機能的に問題があるわけではないのですが。
Posted by kozyken
category:住宅
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://bwv828.blog31.fc2.com/tb.php/419-9d1168b4
trackback